倉田 治

倉田 治

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

専門分野・担当業界

幅広い業種に対する事業再生全般、危機対応

略歴

2000年2月に入社。以後、日本における事業再生ビジネスの立ち上げに取り組む。財務面または事業面において窮境に陥った個別企業の再生案件の分野を中心に活動。幅広い業種に対し、特に私的整理を中心に、事業再生ADR、公的機関との連携、またM&Aなど、さまざまなスキームを用いた案件実績も多数。金融機関をはじめとするステークホルダーとの調整機能においても多くの実績を有する。

現在、PwC Japanグループのクライシスマネジメント(危機対応)チームリーダーとして、さまざまな要因に基づく企業の危機局面において、各分野の専門家チームを組成し早期解決を包括的に支援。

前職では、大手ノンバンク(当時、東証一部上場)に13年勤務。バブル崩壊後、自社の再建計画策定、金融機関交渉などに携わる。

Contact details

Email