木村 浩一郎

PwC Japanグループ代表, PwC Japan

専門分野・担当業界

PwCあらた有限責任監査法人 代表執行役

経済同友会幹事
会計教育研修機構理事

略歴

1963年生まれ。公認会計士
早稲田大学政治経済学部経済学科卒業

1986年 青山監査法人入所。プライスウオーターハウス米国法人シカゴ事務所への出向を経て、1997年に青山監査法人の社員に、さらに2000年には中央青山監査法人の代表社員に就任。
2006年に設立された あらた監査法人(現 PwCあらた有限責任監査法人)では、システム・アンド・プロセス・アシュアランス部部長を経て、2009年に執行役(アシュアランス担当)に就任し、PwC Global Assurance Leadership Teamに参加。
2012年6月から、あらた監査法人の代表執行役。2016年7月よりPwC Japanグループ代表、2019年7月よりPwCアジアパシフィック バイスチェアマンも務める。

米国基準および日本基準の財務諸表監査を多数手掛ける。テクノロジー系、エンタテイメント系および海運系の企業を中心に担当する。プライスウオーターハウス米国法人 シカゴ事務所出向中には、主に自動車関連企業の監査に従事する。会計システム導入プロジェクトに従事した経験も持ち、XBRL Japanにおけるマーケット活動の他、日本公認会計士協会 XBRL対応専門委員を3年間務める。

国際会計研究学会、監査国際シンポジウム(International Symposium on Audit Research)などでの講演多数。著書に「アメリカの会計原則」(東洋経済新報社、共著)。

  • 1986年10月

青山監査法人入所

  • 1990年3月

公認会計士登録

  • 1993年9月

プライスウオーターハウス米国法人 シカゴ事務所に出向

  • 1997年7月

青山監査法人復帰、同社員就任

  • 2000年7月

中央青山監査法人 代表社員就任

  • 2006年9月

あらた監査法人(現 PwCあらた有限責任監査法人)
システム・アンド・プロセス・アシュアランス部 部長就任

  • 2009年6月

あらた監査法人 執行役(アシュアランス担当)就任
PwC Global Assurance Leadership Teamに参加

  • 2012年6月

あらた監査法人 代表執行役就任(現任)

  • 2016年7月

PwC Japan グループ代表就任(現任)

  • 2019年7月

PwCアジアパシフィック バイスチェアマン就任(現任)

資格

  • 公認会計士

Contact details

Email