岩嶋 泰三

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

専門分野・担当業界

M&Aフィナンシャルアドバイザリー、コーポレートファイナンス

略歴

1991年に旧青山監査法人(プライスウオーターハウス ジャパン)に入所後、7年間は東京オフィスにて財務諸表監査業務に従事。監査チームの主査として関与した主なクライアントは、旭化成、日本IBM。1998年より3年間は、PwC USのシリコンバレーオフィスに駐在し、米国西海岸地域の日系企業(NEC、トヨタ、アイシンなど)およびベイエリアの米系ハイテク企業などの監査業務、上場支援業務などを経験した。2001年に帰国した後はトランザクションサービス部門にて、デューデリジェンス、ポスト・ディール・サービスなどディールアドバイザリーに特化したクライアントサービスを行ってきた。2011年よりコーポレートファイナンスグループに参加し、現在同グループのリーダーを務める。日本企業同士の国内案件のほか、日本企業によるクロスボーダー案件に、多数、関与した経験を有する。

2011年より、日立製作所グループのGlobal Relationship Partnerを務め、グループ全体へのグローバルレベルでのサービスを統括している。日立グループが関与したM&A案件では、日立製作所によるユニシアジェックスの買収、英国TRE社の買収、情報通信グループによる東京電力との合弁事業設立、日立化成による台灣日邦樹脂股份有限公司の株式取得(子会社化)など。

M&A関連サービスに関わる、その他の主なクライアントとしては、トヨタグループ、三菱重工業、住友電気工業、旭化成など。
ファーム内の他の役割としては、PwC Japanインドデスクリーダー、ディールズ・オートモーティブセクター・リーダー。

資格

  • 公認会計士

執筆

  • 「財務デューデリジェンスの実務」(共著 中央経済社)
  • 「アジアM&Aガイドブック」(共著 中央経済社)

Contact details

Email