舟引 勇

ディレクター, PwC Japan合同会社

専門分野・担当業界

先進国リスク対応

略歴

『企業の医者的立場』にもなれる会計士に憧れ、大学在学中に公認会計士を取得し、青山監査法人にて大手企業の監査業務の後、2006年よりPwCアドバイザリー株式会社(現PwCアドバイザリー合同会社)にて国内外のM&Aアドバイザリー業務に従事。2013年〜2014年PwC英国のコーポレートファイナンス部門に出向。

帰国後は、英国のEU離脱(ブレグジット)や米国トランプ政権に代表される「先進国リスク」への対応支援業務を担当。

資格

  • MBA
  • 公認会計士
  • 米国公認会計士(デラウェア州)

主な著書

  • 「アジアM&Aガイドブック」(共著 2010年 中央経済社)他。
  • 「コンテンツビジネスハンドブック」(共著 2005年 中央経済社)
  • 「知的財産ビジネスハンドブック」(共著 2002年 日経BP社)

寄稿

  • 「英国のEU離脱(ブレグジット)による日本企業への影響と対策‐ビジネスマンがおさえておくべきポイントとは‐」(『経営センサー11月号』東レ経営研究所2016 No.187)
  • 「第106回 M&A・海外事業再生のためのブランド評価・活用法」(『M&A専門誌マール』2016年4月号 258号:M&A戦略と会計・税務・財務)
  • 「第83回 ロックド・ボックス方式による価格決定について」(『M&A専門誌マール』2014年5月号 235号:M&A戦略と会計・税務・財務)

講演

  • 迫りくる「先進国リスク」に、企業として何をすべきか「英国のEU離脱シナリオ、ならびに米国の外交・経済政策に向けた日本企業の課題と対策」(2017年4月13日 日経BP社)

Contact details

Email