Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

PwCアドバイザリーを知る、3つのキーワード

互いに学び、互いを敬う

PwCアドバイザリーのクライアントは、業界も規模も国籍も、解決すべき課題も多岐にわたるため、1人の専門性だけでは提供価値を最大化することはできません。強いチームワークによりそれぞれが持つ能力を最大限発揮し、互いに不足する部分を補い合うことで、課題を最善の方法で解決することが可能となります。バックグラウンドの異なるさまざまなプロフェッショナルが、互いを尊重し、信頼し、本気で考え、議論する。チームプレーの積み重ねがクライアントへの貢献につながり、その経験を通じて職員が研鑽を重ねる。このようにプロフェッショナルとして相互に尊敬し合うカルチャーを醸成しています。

職員のWell-beingを何よりも大切にします

私たちPwCアドバイザリーの職員全員がWell-beingを保てること――。これは、チームとして活動する上で極めて重要です。お互いのWell-beingを高めるために相手を気遣うこと。それは仕事のためではなく、人として当然のことです。

 

Well-beingは、PwCアドバイザリーのビジネスにおいて、高品質なアドバイスを提供する上でも重要です。私たちの仕事は、クライアントや社会の重要な課題を解決することです。容易に解決できない課題だからこそ、私たちPwC アドバイザリーのプロフェッショナルが立ち向かうのです。そのプロフェッショナルの一人一人は、最高のパフォーマンスを発揮するために、健康で、冷静沈着な心持ちでいる必要があります。

この2つの理由から、私たちは職員のWell-beingが最も大切だと考えています。Well-beingには単に健康に過ごす、ということだけではなく、安定して健康な暮らしを送るため、個人の考えやライフスタイルに合った働き方を実現するという意味も含まれています。私たちは、異なる働き方やバックグラウンドを持つメンバーを尊重するカルチャーの醸成に日々取り組んでいます。自分が自分らしく、「なりたい姿」になっていくプロフェッショナルファーム。それがPwCアドバイザリーです。