第二金融部(保険・共済) FS INS

業務内容や目指すべき方向、パートナー&マネージャーのメッセージを紹介します。

変革を迎えた保険業界、求められる専門性と多様性

テクノロジーや海外進出などさまざまなアジェンダを有する保険業界へのサービスに特化し、監査、アドバイザリー、アクチュアリーの3グループで構成。相互アサインを活発に行っており、多様なキャリアを積むことができます。

【1】監査グループでは、国内外を代表する保険会社への監査を通じ、専門的知識が必要な金融商品会計、保険会計を学べます。また、グローバルなクライアントが多く、JGAAP/USGAAP/IFRSの監査を経験する機会も豊富にあります。

【2】アドバイザリーグループでは、IFRS対応などの会計アドバイザリーに加え、海外事業戦略の策定支援や財務デューデリジェンスを含むM&A支援、ガバナンス態勢構築支援といったアドバイザリー業務を世界各地で提供しています。

【3】アクチュアリーグループでは、保険負債の監査、数理関連アドバイザリー(商品開発、データ分析、M&A、リスク管理など)を通じ、高度な専門スキルを習得できます。アクチュアリー資格取得の支援体制も充実しています。

部門インタビュー

草地 克紀

第二金融部(保険・共済)

中釜 和寿

第二金融部(保険・共済)

部門インタビュー動画

第二金融部(保険・共済)の特徴からPwCあらたの文化・強みまで、若手女性職員2人が語ります。

Playback of this video is not currently available

2:17

FS INSの3つの魅力

01 保険専門の会計士へのニーズ

日本の保険市場は非常に大きく、大規模な保険会社が数多く存在しています。また、他業種から保険業界への新規参入も起こっており、保険業界における会計監査やアドバイザリーのニーズは非常に高いと言えます。

02 多様な経営課題への挑戦

保険業界はテクノロジーの台頭など多くの経営課題に直面しています。それらに対応するため、専門性を兼ね備えたプロフェッショナルが会計監査業務に加え、多種多様なアドバイザリー業務を提供します。

03 柔軟なキャリアパスを実現

監査、アドバイザリー、アクチュアリーの3グループで構成されています。グループ間の垣根は低く、会計監査を実施するメンバーであっても他グループの業務への関与ができ、キャリアパスを柔軟に選択できます。