代表のご挨拶

PwC弁護士法人は、社会における多様な法的課題について、所属する弁護士の高度な専門的・先進的知見および多様な専門家集団により形成されるPwCグローバルネットワークを駆使して、迅速かつ適切なソリューションを提供することを目的として設立された法律事務所です。

近年、私たちを取り巻く社会的環境は急速かつ大幅に変化しており、それに伴い企業や個人が抱える法的課題には既存の枠組みや概念では容易に解決できない複雑なものが増えております。とりわけビジネス、会計、税務などに係る問題と密接に絡む法的課題が増えており、こうした課題の解決に当たっては、法的視点からの一面的な助言のみでは足りず、関連するビジネス、会計、税務などの多様な専門的知見が必要とされます。また、企業や個人の活動はグローバルに展開されており、その課題の解決には、日本のみならず、先進国や新興国を含むさまざまな国における法務、ビジネス、会計、税務の専門的知見が求められます。

当弁護士法人は、このような社会的環境の下、日々変化する法的課題に高度な専門性と柔軟性をもって適切に対応し得る弁護士が結集しており、また、さまざまな専門家集団が集うPwC Japanグループのメンバーファームとして、法務のみならず監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務などを専門とする各法人(PwCあらた有限責任監査法人、PwC京都監査法人、PwCコンサルティング合同会社、PwCアドバイザリー合同会社、PwC税理士法人など)と密接に連携して多面的なサービスを提供できる環境にあります。さらには、100カ国以上の拠点に約3,600名以上の弁護士を擁するグローバルネットワークにより、国境を隔てた問題にも対応できるという「強み」を有しています。

当弁護士法人は、所属弁護士一同、このような「強み」を生かしながら、多様な法的課題に対して迅速かつ適切なソリューションを提供し、依頼者の皆様におけるさまざまな信頼構築に貢献できるよう、日々邁進してまいります。

パートナー代表 弁護士 北村 導人

 

 

Contact us