Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

PwC弁護士法人 弁護士紹介

木下 聡子

弁護士登録: 第二東京弁護士会:2008年登録(61期)
外国語:
英語
主な取扱分野: M&A一般企業法務コーポレートガバナンス金融規制対応/金融取引イノベーション海外進出法務パブリックセクター

主に国内外のM&Aやコーポレート案件を幅広く取り扱い、航空機ファイナンスなどの金融案件に携わった経験も有する。

PwC弁護士法人入所前は、日本国内の米国系法律事務所に所属し、主に自動車や電子機器、情報通信、医薬品・医療機器、航空などの領域において、国内外の企業の代理人弁護士を担当。内閣府消費者委員会事務局に在職時は、デジタルプラットフォームをめぐるルールの整備、表示・広告の規制、個人情報保護法制などについて、独立した監視機関の立場から関連団体の動向を追い、消費者保護のための自主規制、民事ルールや行政規制のあり方などの調査審議に携わった。

学歴・職歴

2004年

大阪市立大学法学部卒業

2008年-2016年

スクワイヤ外国法共同事業法律事務所

2019年 - 2021年

内閣府消費者委員会事務局(任期付公務員)

2021年9月 - 

PwC弁護士法人

著書・論文

2021年12月 消費者保護の観点から俯瞰した デジタルプラットフォームに関する関係行政機関の動向 [PDF 494KB] 《ニュースレター
2020年12月

定期購入被害の実情と法規制のあり方
現代消費者法No.49(2020年12月15日発行)

2020年10月

2020.6.26.「『悪質なお試し商法』に関する意見」について
消費者法ニュース125号(2020年10月発行)

2020年5月       

デジタルプラットフォームビジネスをめぐる消費者トラブルと利用の実情
現代消費者法No.46(2020年3月15日発行)

セミナー

2013年3月

航空機ファイナンスにおける法的課題とリーガルドキュメンテーション

 

TOPへ

 

TOPへ