不動産地域開発リスクマネジメント

不動産地域開発のニーズ

各法人の主要なオフィス(日本除く)

不動産地域開発とは、特定の地域(街区、区、市)において不動産、エネルギーインフラ、交通インフラ、ICT(※)インフラ、公共サービス等のあり方を全体最適化の視点から見直し、地域全体の課題を効率的に解決しようとする試みです。低炭素・省エネ、水等の資源管理、自然環境、廃棄物管理、地域医療・福祉、子育て・教育といった環境・社会・経済の全側面において地域の持続的な成長を目指します。
世界には300以上の環境配慮型の不動産地域開発プロジェクトが存在しています。関連ビジネスの市場も急成長しており、エネルギー関連市場に限ってもその規模は2020年には180兆円に達すると予想されています。
昨今、日本の不動産デベロッパーが置かれる事業環境は日に日に厳しさを増す一方、環太平洋地域における経済発展著しい諸国では地域開発のニーズが高まっています。求められている技術やサービスの多くにおいて、日本企業が世界をリードしており、このような高機能な地域開発の分野でいち早く海外進出することにより、グローバル市場における競争優位を確立することが可能となってきました。
※ICT: Information and Communication Technology

不動産地域開発事業の推進におけるリスク

不動産地域開発事業の推進においては、調査、計画、評価、資金調達、運用等それぞれのプロセスが相互に密接に関連しています。特にフェーズ1である「企画・計画」段階におけるリスクの検討と把握は、それ以降の全体の収益性と享受するリスク要因に大きな影響を与えます。また、海外進出においては、進出先候補の各国固有のリスクを加味し、市場や事業選定におけるリスク管理が不可欠となります。

不動産企業開発のプロセス例
画像をクリックすると拡大します

不動産地域開発のスキーム

あらた監査法人では、不動産地域開発事業の設立から運営を支援します。さらにグローバルネットワークと不動産地域開発事業におけるノウハウやベストプラクティスを活用し、クライアントの事業展開を支援します。

不動産地域開発のスキーム
画像をクリックすると拡大します

不動産地域開発関連サービス(例)

(1)不動産地域開発リスクマネジメント支援
不動産地域開発おけるリスク要因をコントロールするため、環境・エネルギー、海外ビジネス開発、不動産リスクマネジメントの専門知識を有するコンサルタントが不動産地域開発を支援します。開発型プロジェクトにおける市場分析、開発方針策定、投資リスクシミュレーション等が含まれます。
(2)ジョイントベンチャー(JV)・ファンド組成支援
海外でのプロジェクトファイナンスや会社設立~資金調達に精通した会計・税務・法務・リスク管理の専門家が不動産地域開発プロジェクトにおけるJV・ファンド組成等を支援します。大手金融機関や国際金融機関等において海外での資金調達アドバイザリーに精通したリスク管理の専門家が資金調達面のアレンジメントを支援します。
(3)監査業務
監査法人としてのノウハウおよびJ-REIT等の不動産ファンド向け監査の実績を元に監査業務を提供します。また、あらた監査法人が提供する監査により、資金調達における社会性・透明性・公平性を高めることが可能となります。
(4)環境認証およびクレジット取得のアドバイザリー業務
日本国内の温室効果ガス・クレジット取得スキームにおいて、温室効果ガス排出量の保証業務サービスを提供します。
(5)環境報告書・CSR報告書作成支援
環境報告書・CSR報告書の保証業務および作成アドバイザリーサービスを提供します。
(6)会計業務・税務業務支援
不動産地域開発事業の運用フェーズにおいて、JV・ファンドの会計業務および税務業務のアウトソーシングサービスを提供します。特に、国際会計・税務に精通した専門家の指導の下、プロジェクトに最適な業務プロセスでの運用と業務の社会性・透明性・公平性を高めることが可能となります。
 
 ページトップへ