内部監査の品質評価

内部監査の高度化実現に資する品質評価

昨今の企業を取り巻く環境の変化を受けてリスク管理の重要性が高まる中、内部監査を取り巻くステークホルダーの内部監査への期待が高まっています。内部監査部門は、自らの活動に対して品質評価を実施することで、内部監査の品質のレベルを確認し、期待どおりの役割を果たしているかを確認することになります。

内部監査の品質評価の実施によって、内部監査における課題を認識し、その課題解決へ向けたアクションを取ることで、内部監査の有効性・効率性の向上、ひいては内部監査の高度化実現へとつながります。

内部監査の品質評価とは

内部監査人協会(IIA)が定める「内部監査の専門職的実施の国際基準(以下、「IIA基準」)」では、品質のアシュアランスと改善のプログラムとして、1)継続的モニタリング、2)定期的なレビュー、3)組織体外の適格にして独立な評価者によるレビュー、これら全てを要請しています。3)については五年に一度以上の実施を求めています。また、品質評価の結果を最高経営者および取締役会に報告することを求めています。

品質評価支援業務の種類

内部監査の品質評価における外部専門家による評価業務は、下表のとおり3タイプに区分されます。PwCは、IIAの「内部監査品質評価ガイド」(以下、「品質評価ガイド」)に基づくフル外部評価および自己評価と独立した検証(Self Assessment with Independent Validation:「SAIV」)のいずれの外部評価方法にも対応しており、また会社による内部評価を支援することも可能です。

【図表1】品質評価支援業務

品質評価支援業務

(注)上記に加えて、本社内部監査部門が行うグループ会社の内部監査品質評価(地域統括会社、子会社で内部監査機能を有している場合、均質化・高度化を図る目的で行う評価価)のご支援を行うことも可能です。

PwCによるフル外部評価とSAIVの外部評価においては、「IIA基準への適合性評価」と「内部監査の有効性・効率性の評価」を行います。内部監査の有効性・効率性の評価とは、最近の企業を取り巻く環境の変化や他社での内部監査実務の動向・ベストプラクティスを考慮し、これまでのPwCの関連業務に関する知見に基づき行う「高度化の機会に向けた内部監査の有効性・効率性の評価」と、PwCがグローバルで保持する最新のベストプラクティスを集約したツールであるProfiler™を用いて比較を行う「ベンチマーキング分析」とがあります。

IIA基準への適合性評価と内部監査の有効性・効率性の評価の二つの評価のどちらにどのくらい比重を置くか、ご相談の上進めていきます。

品質評価のプロセスの流れ

外部評価は、4つのプロセスから構成され、マネジメントなどをはじめとしたステークホルダー(※)インタビューによる評価方針・評価計画を立案し、下記の評価要素ごとに分析・評価を行います。最終的には、貴社との調整を経て、外部評価報告書を発行します。
(※ステークホルダーとは、内部監査の利用者であるマネジメント、内部監査担当役員、監査委員・監査等委員・監査役等、内部監査の受け手である被監査部門、内部監査の遂行者である内部監査部門長、内部監査部員などを指します。)

【図表2】外部品質評価のプロセス

品質評価のプロセスの流れ

PwCの外部評価では、外部評価方法論であるExternal Strategic Assessment(ESA)を適用します。この方法論は、「品質評価マニュアル」(IIA)およびPwCがグローバルで保有する内部監査のベストプラクティスに係る情報に基づき構築されています。これにより、内部監査における最高水準の実務との比較を通じた高度化の実現が可能となります。

PwCの外部評価ツールを活用したベンチマーク分析

PwCは、外部評価ツールであるProfiler™を有しています。PwCの考えるプロセスレベルのベストプラクティスや世界の多くのトップ企業で行われている内部監査の実務に基づき、外部評価および改善提言を行う際に活用します。

Profiler™によるベンチマーキング分析とは、社内のステークホルダーからの評価が高い内部監査部門に共通して見られる特性である8つの基本要素に基づいて、内部監査業務プロセスの成熟度レベルを評価したものです。

8つの基本要素とは、「ビジネスとの方向性の一致」、「リスクフォーカス」、「費用対効果」、「品質と革新」、「サービス文化」、「人材最適化モデル」、「ステークホルダー管理」、「テクノロジー」です。

内部監査業務プロセスの成熟度レベルは、低い方から順番に、「最小限の貢献者」、「問題発見者」、「アシュアランスプロバイダー」、「問題解決者」、「洞察提供者」、「信頼されるアドバイザー」の6段階に区分されます。

【図表3】Profiler™の分析結果(例)

内部監査の8つの基本要素ごとに、ステークホルダーの期待と現状のパフォーマンスに対する評価を比較することで、改善効果の大きい分野を識別します。

ProfilerTMの分析結果(例)

【図表4】PwCの内部監査の成熟度モデル(6段階)

準拠性の検証者から信頼されるアドバイザーまでの6段階により内部監査態勢の成熟度を評価します。

内部監査プロセスの成熟度分析

   


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

出口 眞也

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

久禮 由敬

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

駒井 昌宏

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

辻田 弘志

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

高木 和人

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email