Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

「東京ドーム巨人戦」におけるテクノロジー活用構想を支援

2019年5月28日
PwCコンサルティング合同会社

PwCコンサルティング合同会社は、読売巨人軍とオフィシャルサプライヤー契約を締結し、球団初の「オフィシャル・デジタルトランスフォーメーション・アドバイザー」となりました。

PwC Japanグループは、デジタル分野で新たなイノベーションを創造する拠点として、「エクスペリエンスセンター」を東京・大手町に2018年から開設しており、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」によるクライアントの経営課題の解決に、これまでにない新たなアプローチで取り組んでいます。

そのような中、読売新聞東京本社・読売巨人軍とともに、同センターのリソースとBXT(=Business、eXperience、Technology:Experience=Xを核にBusiness=BとTechnology=Tを融合させたサービスを提供するという考え方)のコンセプトを用いて、「東京ドーム巨人戦」を対象に新たなサービスを提供することになりました。今後、来場者が体験したことのないような、革新的でクリエイティブなサービスを協働で創り上げていきます。内容についてはサービス提供に合わせて随時、掲載していく予定です。

【デジタルトランスフォーメーションについて】

デジタルトランスフォーメーション(通称:DX)とは、テクノロジーを活用してビジネスモデル全体を改善し、変化するビジネス環境に適応させることで、最終消費者にとってより優れた価値を提供できる状態にすることを指します。

読売巨人軍からのプレスリリース:読売巨人軍公式サイト

以上

PwCコンサルティング合同会社について

PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

詳細はこちら

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。

複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約7,300人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

詳細はこちら

PwCについて

PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界158カ国に及ぶグローバルネットワークに250,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。

詳細はこちら

{{filterContent.facetedTitle}}