PwCコンサルティング、AID‐DCC社およびPsychic VR Lab社とVR(仮想現実)・AR(拡張現実)分野におけるソリューション開発で協業を開始

2017年12月6日
PwCコンサルティング合同会社

PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋、以下、PwCコンサルティング)、株式会社エイド・ディーシーシー(大阪府大阪市、代表取締役:富永 幸宏、以下、AID‐DCC)および株式会社Psychic VR Lab(東京都新宿区、代表取締役:山口 征浩、以下、Psychic VR Lab)は、12月6日より、VR(仮想現実)・AR(拡張現実)技術を活用したソリューション開発で協業を開始しました。

3社は、デジタル分野でのイノベーション創出を目指す企業や組織を対象に、VRやAR技術を活用した新規事業やサービスの開発を支援します。具体的には、店舗や商業施設、オフィスなどの環境をバーチャル化し、次世代型ショッピングサービスやVR会議、教育システムなどの開発、導入を支援します。店舗やオフィス、学校といった空間を3社が持つVR・AR技術でバーチャル化することにより、人の移動コストを省くだけでなく、2次元のオンラインサービスにはない没入感や臨場感を演出することが可能となります。

本協業において、PwCコンサルティングはVR・AR技術を活用した新規事業戦略の策定から技術調査、POC評価、システム構想と最適化、実装に至るまで総合的な支援を行います。Psychic VR Labは、VR空間制作ツールや複数人で同じVR空間を共有しながらショッピングや会議を行う次世代システムの技術を提供します。AID‐DCCは、テクノロジーとデザインの融合による体験型コンテンツを制作し、新たな顧客体験を創造します。

PwCコンサルティングは、Psychic VR Lab、AID‐DCC両社のケイパビリティに、IoTやドローン、ロボティクスといった分野で培った破壊的技術を加え、企業のデジタルトランスフォーメーションとイノベーション創出を一層支援していきます。

以上

PwCコンサルティング合同会社について

PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

詳細を見る

PwCについて

PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界158カ国に及ぶグローバルネットワークに236,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。詳細はwww.pwc.com をご覧ください。

詳細を見る

株式会社エイド・ディーシーシーについて

東京・大阪に拠点を置き、テクノロジーを軸としたプランニングとデザインを武器に、形に捉われないクリエイティブを幅広く企画・制作しています。国内外の栄えある賞を多数受賞。2000年の創業以来、ウェブを中心とする広告プロモーションの企画・制作を行っており、近年では特にテクノロジーとデザインの融合によるブランド体験の提案を得意としています。

詳細を見る

株式会社Psychic VR Labについて

VR時代におけるクリエイティブプラットフォームとして、ブラウザだけでVR空間を構築し、配信を行うことができるクラウドサービス『STYLY』を展開、すべてのクリエーターがVR空間を作ることができる世界を作ることをミッションにアート、ファッションからライフスタイルに関わるインターフェイスのVR化を推進しています。

詳細を見る

関連情報

Contact us

Follow us