PwC Japan、新執行部体制のお知らせ

2018年7月2日
PwC Japanグループ

PwC Japanグループ(グループ代表: 木村 浩一郎)は、7月1日付の執行部体制についてお知らせします。

【2018年7月1日付】PwC Japanグループ 執行部

※カッコ内は、各所属法人での役職

グループ代表

木村 浩一郎
(PwCあらた有限責任監査法人 代表執行役)

グループマネージングパートナー

鹿島 章
(PwCコンサルティング合同会社 代表執行役会長)

アシュアランス

木内 仁志
(PwCあらた有限責任監査法人 執行役副代表)

松永 幸廣
(PwC京都監査法人 マネージングパートナー)

コンサルティング

足立 晋
(PwCコンサルティング合同会社 代表執行役CEO)

ディールアドバイザリー

平林 康洋
(PwCアドバイザリー合同会社 代表執行役)

税務

宮川 和也
(PwC税理士法人 代表)

法務

我妻 由佳子
(PwC弁護士法人 代表)

グループマーケットリーダー

森下 幸典
(PwC Japan合同会社 常務執行役)

グループヒューマンキャピタルリーダー

井野 貴章
(PwCあらた有限責任監査法人 執行役常務)

以上

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。

複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約6,300人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

詳細はこちら

Contact us

Follow us