PwCコンサルティング、地方創生支援においてデジタル・映像コンテンツ制作のプラスディー社と協業を開始

2017年2月7日
PwCコンサルティング合同会社

PwCコンサルティング合同会社(本社:東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋、以下PwCコンサルティング)は、2月7日、デジタル・映像コンテンツ制作会社の株式会社プラスディー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:本田 晋一郎、白井 淳、以下プラスディー)と地方創生支援において協業を開始します。

今回の協業では、両社は連携して地方の企業に対して各種サポートを提供し、地域の活性化への貢献を目指します。PwCコンサルティングは、成長を目指す企業に対し、経営・財務、新規事業創出などに関する戦略立案から実行までのコンサルティングを提供します。一方、プラスディーは、これまで培ったWEB・映像などを用いたプロモーションのノウハウを生かし、名産品をプロデュースするなど新しい産業の創出を支援します。

PwCコンサルティングは、東日本大震災直後より、被災地の自治体、企業などの支援活動を開始し、事業計画の策定や資金援助機関とのマッチングの支援を継続してきました。2015年には、新製品や新サービス、新ビジネスモデルを生み出す「イノベーション」創出・活性化を支援する専門組織「グローバルイノベーションファクトリー(GIF)」を社内に設立し、地方創生に向けたコンサルティングサービスの提供を開始しました。現在は、東北地域を含めた各地で、地元企業の経営戦略立案、新規事業創出などを支援しています。

プラスディーは、デジタルコンテンツをはじめとする広告制作、映像制作および、メディアプランニング事業を主に展開しています。そのノウハウを生かして、地方に眠っている製品や商品を発掘し、EC市場を中心にヒットさせるための「地方創生事業」を行っています。これまで当該事業において、岩手県、千葉県のPR映像や愛知県豊田市のデジタルプロモーション展開、全国の名産品プロデュースなどを行ってきました。

PwCコンサルティングは、GIFが持つ国内外のネットワークやこれまでの地方創生支援活動でのノウハウを基に、地方創生に向けたコンサルティングサービスの全国展開を推進します。プラスディーとの協業を通じ、地域経済の発展につながる地元企業の成長を支援します。

以上

PwCコンサルティング合同会社について

PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

詳細はこちら

株式会社プラスディーについて

私たちは『すべてに“プラスデザイン”を』という理念のもと、2008年に設立したクリエーティブ・プロダクションです。以来、企業・団体をはじめとするクライアントに、ブランディング、マーケティングの過程で必要となるクリエーティブを提供してきました。
クライアントゴールのために必要なことは、トータルで提供されるべきであるという考えから、すべてのアウトプット(デジタルコンテンツ、動画、グラフィックデザイン、イベント、キャスティング等)の、すべてのステップ(戦略立案から実施策の企画、制作、運用、効果検証等)を一貫して提供しています。

詳細はこちら

関連情報