PwCコンサルティング、「グローバル・インテリジェンス・オペレーションズ・センター(GIOC)」を東京に開設

100万以上の多種多様な情報源を活用したリサーチ・分析サービスを通じ、企業の戦略的な意思決定と、国内外のリスク管理を支援

2018年3月28日
PwCコンサルティング合同会社

PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋)は、4月1日、「グローバル・インテリジェンス・オペレーションズ・センター(GIOC)」を東京に開設します。GIOCとは、PwCのグローバルネットワークが開発した独自のテクノロジーを駆使し、膨大で複雑な情報のリサーチ・分析(インテリジェンスオペレーション)を行う専門組織です。企業が直面するリスクを網羅的に洗い出し、分析・評価を行うことで、事業戦略において重要な意思決定と国内外のリスク管理をサポートします。

GIOCは、2016年にPwCが米国ワシントンDCに開設したインテリジェンスプラットフォームです。マスメディア、ソーシャルメディア、個別調査、公文書、リスク、コンプライアンス関連のグローバルデータソース等100万以上の情報源から、50以上の言語で有用な情報の集約・分析・評価を行っています。このたび開設した東京のGIOCでは、日本独自の外部情報ソースも加え、多言語対応可能なPwCネットワークの400人以上のグローバルインテリジェンス専門家(財務・会計、ビジネス、投資、行政、法律、防衛、軍事等のバックグラウンドを持つプロフェッショナル)や、M&A・事業再生・インフラの領域でサービスを提供しているディールアドバイザリーチームと連携し、グローバルに事業を展開する企業を支援します。

海外投資やグローバルな事業展開等における失敗事例が報じられる中、事業展開において必要なリスク情報や重要データをタイムリーに入手し、分析・評価を実施した上で戦略的な意思決定を行うことが、極めて重要になってきています。 GIOCは、国内外における新規マーケット参入、M&A、ベンダー選定、知的財産保護、規制対応等、企業のニーズに応じた幅広いリサーチと詳細な分析結果を提供し、企業の戦略的な意思決定をサポートします。

「グローバル・インテリジェンス・オペレーションズ・センター(GIOC)」のサービス概要

【提供サービス】

多種多様な情報源から、リスク情報・重要データの収集・分析・評価を行い、事業戦略上重要な意思決定をサポートする情報をタイムリーに提供/国内外のリスク管理をサポート

【サービスの例】

  • 新規進出国・地域に関するインテリジェンス(例:対象国・地域における運用上、規制上、地政学的、文化的リスクの事前調査)
  • サードパーティー・デューデリジェンス(例:清廉性の調査および不正リスクの検出)
  • 競合他社に関する リサーチおよび分析(例:対象会社に関する公開情報をもとにした動向の分析)
  • M&Aに関するデューデリジェンス(例:対象会社や主要役員に関するリスク情報の洗い出し)
  • 24時間対応のモニタリング(例:公開情報をもとにしたリスク情報等のリアルタイム収集、分析および報告)
  • ソーシャルメディア・インテリジェンス(例:SNS上の動きや会話のモニタリングおよび分析)
  • その他、企業の特定のニーズに応じたリサーチ・分析、およびコンサルティング

以上

図:インテリジェンスオペレーション(イメージ図)

主な情報分析の切り口 GIOC活用可能なビジネスシーン

PwCコンサルティング合同会社について

PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

詳細はこちら

PwCについて

PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界158カ国に及ぶグローバルネットワークに236,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。

詳細はこちら

Contact us

Follow us