PwCコンサルティング、「eスポーツ事業推進室」を設立

新規ビジネスの立ち上げからチーム強化、選手のセカンドキャリア支援まで、eスポーツにかかわるエコシステム形成を目指す

2018年11月21日
PwCコンサルティング合同会社

PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋)は11月21日、「eスポーツ事業推進室」を設立しました。世界的に注目が高まっているeスポーツ関連ビジネスへの進出を目指す企業に対し、事業参入、チーム強化、セカンドキャリアの3つの領域でアドバイザリーサービスを提供します。

eスポーツ事業参入支援サービス

eスポーツ事業への新規参入を目指す企業に対し、社内コンセンサスの形成から収益モデルの策定、チームの保有および選手のスカウティング、トレーニング施設の開設まで支援します。さらに、チームやリーグを運営する上で必要となるガバナンスの構築、リスク管理、コンプライアンスの導入や、eスポーツチームにとって重要なブランド構築、ソーシャルメディア活用も支援します。

チーム強化支援サービス(データアナリティクス)

eスポーツ選手のパフォーマンスを測定する上で必要な因子を「能力」「性質」「コンディション」「環境」の4つに大きく分類し、PwCの持つAI・Analyticsのケイパビリティを活用することで、さまざまな角度から検証します。試合ごとの分析結果からパフォーマンス向上に向けたアクション改善までを視野に入れた支援を行います。選手・チームのパフォーマンス分析により得られたナレッジ(生産性・組織コミュニケーションへの影響因子など)については、他領域への適用による商品開発の支援も実施します。

セカンドキャリア支援サービス

他のプロスポーツと同様にeスポーツ選手にとってもセカンドキャリアの構築が課題となります。当社は、eスポーツ選手とサイバーセキュリティ人材には、必要とされるスキル、マインドに高い類似性がある点に着目し、第一線を退いた選手たちにセキュリティ業界へのキャリアチェンジを提案します。これは、セキュリティ人材の不足という深刻な社会課題を解決する選択肢になり得ると考えています。具体的には、eスポーツ選手に対して、研修やトレーニングの提供、キャリア構築などの支援を行います。また、現役のeスポーツ選手として活躍しながらサイバーセキュリティ人材としてキャリアを形成するデュアルキャリア構築の支援やメンター制度の導入も行います。

当社はこれらの支援サービスを実現するために今後1年以内に10名を超えるコンサルタントによる体制を構築し、5年以内に売上高20億円を目指します。

PwCの調査レポート「PwCグローバルエンタテイメント&メディアアウトルック2018‐2022」では、eスポーツ市場は、2021年には世界で1800億円に達し、eスポーツ選手の数は1億人と予測しています。当社は、急速な拡大が見込まれるeスポーツ関連市場において、新規参入から収益化、事業の拡大、選手のセカンドキャリア支援に至るまでのエコシステムを形成し、日本国内のeスポーツビジネスが健全に成長することへの貢献を目指します。

『eスポーツ事業推進室』が提供するサービスと活動について

eスポーツ事業参入支援サービス

・eスポーツ事業立ち上げ支援
・収益モデル策定支援
・スポンサーおよび、アライアンス先提携支援
・リーグ・大会開催、出場支援
・ガバナンス・リスク管理・コンプライアンス構築支援
・セキュリティアセスメント、セキュリティ対策支援
・ブランド構築支援、ソーシャルメディア活用支援

チーム強化支援サービス(データアナリティクス)

・アナリティクスによる選手パフォーマンス向上支援
・アナリティクスによるチーム戦略・戦術策定支援
・アナリティクスナレッジを基にした商品開発支援

セカンドキャリア支援サービス

・サイバーセキュリティ人材育成トレーニング
・セカンドキャリア、デュアルキャリア構築支援
・メンター制度

『eスポーツ事業推進室』が提供するサービスと活動について

PwCコンサルティング合同会社について

PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

詳細はこちら

PwCについて

PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界158カ国に及ぶグローバルネットワークに250,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。

詳細はこちら

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。

複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約7,300人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

詳細はこちら

Contact us

Follow us