PwCアドバイザリー、代表執行役に吉田 あかねを選任

2019年6月27日
PwCアドバイザリー合同会社

PwCアドバイザリー合同会社(東京都千代田区)は、次期代表執行役に吉田 あかねを選任したことを発表します。吉田は2019年7月1日に就任します。

次期代表執行役への選任を受け、吉田は次のように述べています。

「当社は国内外のM&A案件や、事業再生、官民連携・インフラビジネスへのトータルなサービスを事業の主軸として参りました。この変化の激しい時代においては、既存事業の連続性からのみ成長を期待するのは困難であり、どこまで自己変革が可能であるかが大きな課題となります。私たちはお客様が直面するM&Aや再生に関する個別の取引(ディール)の支援を通じて、お客様の未来予想図の実現に向け、令和という新しい時代の変化に合わせた変革をお客様とともに考え、歩んで参りたいと考えております」

2019年7月1日付

PwCアドバイザリー合同会社 代表執行役 吉田 あかね

  • 1972年生まれ
  • 出身 東京都
  • 資格 公認会計士

略歴

1995年3月 慶應義塾大学経済学部経済学科卒業
1995年10月 中央監査法人入所
1998年4月 公認会計士登録
2005年10月 オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン株式会社入社
2006年9月 あらた監査法人入所
2009年7月 PwCアドバイザリー株式会社に出向、その後転籍
2015年7月 プライスウォーターハウスクーパース株式会社のパートナーに就任
2019年7月 PwCアドバイザリー合同会社代表執行役就任

以上

PwCアドバイザリー合同会社について

PwCアドバイザリー合同会社は、M&A、事業再生・再編、インフラ関連の高い専門性をもって、変化する企業の成長戦略の実現を支援しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントがグローバル市場で競争優位性をより強固に確立できるよう、最適なサービスを提供します。

詳細はこちら

{{filterContent.facetedTitle}}