PwCコンサルティングとDMM.com、デジタル分野における新規事業開発と人材育成の支援で協業を開始

総合型モノづくり施設「DMM.make AKIBA」を活用し、ビジネスのIoT化を支援

2017年10月26日
PwCコンサルティング合同会社
株式会社DMM.com

PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋、以下、PwCコンサルティング)と、株式会社DMM.com(本社:東京都港区、代表取締役社長 片桐 孝憲、以下DMM)は、10月26日より、デジタル分野における新規事業開発ならびに人材育成支援での協業を開始します。

本協業において、PwCコンサルティングはDMMが運営する総合型モノづくり施設「DMM.make AKIBA」を活用し、ハードウェア製品の試作・検証などを含めた、企業のデジタル分野における新規事業開発を支援します。また両社で同施設において法人向け研修サービスを提供し、デジタル分野における人材開発・育成支援に取り組みます。

IoT(モノのインターネット)によりデジタル化が加速し、企業が新規事業や製品開発にかけるスピードが高速化しています。そうしたなか、PwCコンサルティングは、デジタル分野における新規事業の戦略立案から、ラピッドプトロタイピングといった実行段階まで、企業のIoT化をワンストップで支援しています。DMMが運営する「DMM.make AKIBA」は、3Dプリンターや各種工作機械、基板実装を可能にする設備などハードウェア製品開発をトータルでサポートする機能を有する施設で、IoT化に必要な設計・開発・試作に関する支援を実践的に提供することが可能となります。

PwCコンサルティングとDMMは、本協業で互いに蓄積した知見とインフラを持ち寄り、ビジネスのIoT化を一層支援していきます。

PwCコンサルティングが提供するサービス

デジタル技術を活用した新規事業開発支援

デジタル技術を活用したハードウェアの企画立案(IoTデバイス、ロボティクスなど)

IoTに関する人材開発・育成支援、人材研修サービスの提供(事業戦略、ビジネスモデル策定など)

DMMが提供するサービス

製品設計・試作検証に必要な設備を取り揃えた総合開発施設

製品開発におけるプロトタイピングのサポート、受託企業(スタートアップから大企業まで)と、エンジニアやクリエイターのマッチング

IoTに関する人材開発・育成支援、人材研修サービスの提供(IoTサービス設計、プロダクトマネジメントなど)

法人向け人材研修サービスのイメージ

法人向け人材研修サービスのイメージ

PwCコンサルティング合同会社について

PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

詳細を見る

PwCについて

PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界158カ国に及ぶグローバルネットワークに236,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。詳細はwww.pwc.comをご覧ください。

詳細を見る

株式会社DMM.comについて

株式会社DMM.comは、Webを通じてさまざまなコンテンツを提供する事業会社です。動画配信や電子書籍、DVDレンタル、オンラインゲーム、FX、太陽光発電、英会話、3Dプリント、格安スマホなど、幅広いサービスを時代に合わせ柔軟に展開することにより、常にユーザーへ価値を提供しています。

詳細を見る

DMM.make AKIBAについて

ハードウェア開発・試作に必要な最新の機材を取り揃えた「Studio」、シェアオフィスやイベントスペースなどビジネスの拠点として利用できる「Base」で構成された、ハードウェア開発をトータルでサポートする総合型のモノづくり施設です。

DMM.makeは“作り手”のために必要な「情報」や「ツール」「人」が集まるプラットフォームです。ハードウェア開発だけではなく、ファッションやメディアアートなど、幅広いクリエイティビティをサポートする施設として、各種エンジニアやデザイナー、クリエイターにご利用いただいています。DMM.make AKIBAは今後も、世界で最も新しい価値観を生み出し続ける場所として、モノを作りたい人がモノを作り続けられる環境の実現を目指していきます。

詳細を見る

※本リリースに記載される、各社社名、製品名は、それぞれ各社の登録商標です。

関連情報

Contact us

Follow us