Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

PwCあらた、AIのガバナンス構築・リスク評価支援サービスの提供を開始

自社開発のフレームワークを活用し、AIの戦略的かつ安全な導入・利活用をサポート

2018年12月11日
PwCあらた有限責任監査法人

PwCあらた有限責任監査法人(東京都千代田区、代表執行役:木村 浩一郎)は、12月11日、AIの導入・利活用におけるガバナンス構築・リスク評価支援サービスの提供を開始しました。

当法人は、アシュアランス業務で培ってきたガバナンス、セキュリティ、内部統制・業務監査などの知見、経験を生かし、AIの導入および利活用におけるガバナンス・リスク管理態勢構築の必要事項を洗い出すフレームワークを開発しました。本フレームワークは、AI導入の目的達成のための戦略、組織変革、人材育成、プロセス・インフラ改善など「攻め」の部分と、個々のAIの重要度およびリスク評価、セキュリティ確保、業務監査対応など「守り」の部分の両面から、企業が戦略的かつ安全にAIの活用を進めるためのポイントを明示しています。

労働者不足や業務の効率化・高度化などの経営課題に対処するため、さまざまな事業・業務領域でAIの導入が急速に進んでおり、今後さらに普及が拡大すると予想されます。一方で、AIのデータ処理過程のブラックボックス化、学習データの品質不十分による誤処理、セキュリティ対策の不足による情報漏えい、非倫理的な利用などのリスクが生じています。また、AI導入の目的が不明瞭であることや、必要なデータが十分に蓄積されていないなどのプロセス、インフラに起因する課題がボトルネックとなり、導入に拍車がかからない、期待した成果が得られないなどの問題も発生しています。

当法人は本フレームワークを活用し、組織におけるAI導入の目的・方針やリスク認識の浸透・定着化、業務リスクの低減、セキュリティ対策などを支援します。さらに、AI導入に係るリスク対応にとどまらず、多くの企業が抱えるデジタライゼーションおよびデジタルトランスフォーメーションに係る経営課題の解決に、ガバナンス・リスク評価の観点から貢献することを目指します。

PwCあらた有限責任監査法人について

PwCあらた有限責任監査法人は、卓越したプロフェッショナルサービスとしての監査を提供することをミッションとし、世界最大級の会計事務所であるPwCの手法と実務を、わが国の市場環境に適した形で提供しています。さらに、国際財務報告基準(IFRS)の導入、財務報告に係る内部統制、また株式公開に関する助言など、幅広い分野でクライアントを支援しています。

詳細はこちら

PwCについて

PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界158カ国に及ぶグローバルネットワークに250,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。

詳細はこちら

{{filterContent.facetedTitle}}