PwCコンサルティングとABBYYジャパン、AI-OCR分野での協業を開始

レイアウトフリー、多言語対応のAI-OCRソリューションによりRPAを加速

2017年8月9日
PwCコンサルティング合同会社
ABBYYジャパン株式会社

PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:足立晋、以下、PwCコンサルティング)と、ABBYYジャパン株式会社(神奈川県横浜市、日本統括:小原洋、以下、ABBYY)は、8月9日より、AI-OCR(人工知能搭載型光学式文字読み取りシステム)分野でのコンサルティングおよびソリューションを共同で提供します。

PwCコンサルティングが展開してきたAI-OCRのソリューションとABBYYの技術を統合・活用することにより、高い精度での文字認識を実現するだけでなく、会計証憑、請求書、注文書、船荷証券などさまざまなフォーマットや言語で作成された書類を読み取ることが可能となります。さらに、PwCコンサルティングが既に多くの企業に提供しているRPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)とAI-OCRを連携させることで、企業の定型業務をエンドツーエンドで自動化することを目指します。

PwCコンサルティングは、手書き書類や紙情報を電子化するAI-OCRソリューションと、間接部門の定型業務を効率化するRPAを企業に提供してきました。しかし、これまでのソリューションではAIにより高精度なデータ補正を行うことはできても、異なるレイアウトを持つ帳票を電子化するには、複雑なプロセスを必要としました。

グローバルでOCRをはじめ情報の有効活用を実現する技術を展開するABBYYは、複雑なレイアウトの書類やPDFであっても、柔軟にテキスト文書へと変換する最先端テクノロジーを有します。さらに、ABBYYのOCRは198もの言語に対応し、複数言語が混在する文書であっても、高精度な認識・変換機能により正確に読み取り、素早く結果を表示します。

RPAの導入を検討するものの、種々雑多な紙書類の電子化が高いハードルとなり、躊躇する企業も少なくはありません。こうした企業にとって、レイアウトフリーかつ多言語対応のAI-OCRはRPAを加速する一助となります。PwCコンサルティングとABBYYは、本協業を通じて企業の業務効率化を推進し、限りある資源と人的リソースをより効果的に活用できる体制の構築を支援していきます。

PwCコンサルティングが提供する機能

  • 書類や紙情報の電子化支援
  • システム入力業務の自動化支援
  • システムデータチェック業務の自動化支援
  • システム間データの整合性チェックの自動化支援

ABBYYが提供する機能

  • OCR機能
  • フレキシブルレイアウトなデータキャプチャ機能
  • 簡易レイアウト定義機能
  • ドキュメント分類
  • ルーティング機能

以上

PwCコンサルティング合同会社について

PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

詳細を見る

PwCについて

PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界157カ国に及ぶグローバルネットワークに223,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。

詳細を見る

ABBYYジャパン株式会社について

ABBYYジャパン株式会社は情報を有効活用するテクノロジーとソリューションを提供する業界をリードするグローバルプロバイダーです。同社は情報のライフサイクル全般を統合するコンテンツキャプチャおよび革新的な言語ベースのテクノロジーのスタンダードを確立します。ABBYY ソリューションは業務プロセスの最適化、リスクの緩和、意思決定の迅速化、収益の拡大などを目的としています。ABBYY テクノロジーは大規模な国際的企業や政府組織、ならびに中小企業や個人のお客様にも使用され、ライセンス供与されています。同社はオーストラリア、カナダ、キプロス、フランス、ドイツ、日本、ロシア、スペイン、台湾、UAE、英国、ウクライナ、米国の各国に拠点があります。

詳細を見る

Contact us

Follow us