税務ガバナンス

税を経営課題として捉え、企業グループ全体の税務リスクおよび税務コストのバランスを取りながら適切に管理すること、合理的な意思決定ができる体制を整備・運用していくことが必要となります。そのための体制整備やIT活用の検討について、私たちが支援いたします。

日系企業においては、海外事業展開の拡大やBEPSプロジェクトによる世界的なコンプライアンス強化の動きなどにともない、グループが抱える潜在的な税務リスクの規模や複雑性が増大しています。また、近年、企業の税務行動に対して、税務当局だけでなく、株主・投資家、メディアや消費者なども高い関心を示すようになっており、経営者にとっては、こうした利害関係者に対する説明責任を適切に果たすことが重要な課題となってきています。

企業グループとして、企業価値の向上を最終目標とし、多様な利害関係者に対して説明責任を果たすことができる税務行動を実践していくためには、税を経営課題と捉え、日本親会社が中心となり企業グループの税務行動を指揮・統制し、合理的な意思決定を行うことができる「税務ガバナンス」を適切に設計・構築し、これを基盤として、税務コンプライアンスを確保すると同時に、税務リスク及び税務コストを適切に管理していくことが重要となります。

PwCでは、税務を中心に、コーポレートガバナンス、内部統制、ディスクロージャー及びITテクノロジーといった関連分野の専門家と有機的に連携し、日系企業における効果的な税務ガバナンスの構築及び運用を総合的に支援します。

ホットトピックス

関連セミナー

海外の動き

Contact us

Follow us