税務バリュエーション

組織再編税制・グループ法人税制の導入によってグループ内再編手法が多様化してきたことに伴い、選択されるスキームによっては税務申告目的でのグループ法人株式のバリュエーションが必要となることがあります。

サービス


税務バリュエーションサービス
 

税務バリュエーションサービス


組織再編税制・グループ法人税制の導入によって、日本国内における企業グループ内再編はますます積極的に検討されているところです。このような中で、例えば、以下のようなケースで税務申告目的でのグループ法人株式のバリュエーションを行うことが考えられます。

  1. 非適格組織再編によってグループ法人株式の移転を行う場合
  2. 完全支配関係下の法人間でグループ法人株式の譲渡を行う場合
  3. 適格分割や適格現物分配といった適格組織再編手法を用いてグループ株式を帳簿価額で移転させたにもかかわらず、繰越欠損金および含み損の利用制限規定の適用を受けないために移転対象となるグループ株式が含み益を有するか否かの判定が必要となる場合  等

このような税務申告目的のバリュエーションが必要となること自体、実務上の手間やコストの面からデメリットとして捉えられ、スキーム選択の余地を狭めてしまうことも想定されます。

私たちは、グループ内組織再編に関する税務アドバイザリーサービスの一環で、税務申告に必要となるグループ株式のバリュエーションサービスを提供し、税務効率的な再編手法のご提案およびその実行ををご支援いたします。

Contact us