不正兆候検知データ分析

日本企業が直面している課題

昨今、以前にも増して多くの日本企業が不正の兆候検知と予防の課題に直面しています。

PwCの「経済犯罪実態調査2020(日本分析版)[PDF 1,105KB]」によれば、21%の日本企業が過去2年間に経済犯罪を経験しており、うち22%の日本企業が不正対応のために100万米ドルを超える費用を費やしました。

多くの日本企業が、自社における不正リスク評価を「行っていない(28%)」、または「非公式かつ限定的にしか行っていない(27%)」と答えています。また「テクノロジーを駆使したリスクの管理を行っている」という会社はグローバル、日本ともに13%にとどまりました。

長期化する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により事業の不透明性が増しています。また、リモートワーク推進によって従来の在庫管理や証憑の原本確認などの内部統制が運用しにくくなっています。このような状況が日常化し、ニューノーマルとも呼ばれる新たな時代を迎えつつある中、デジタルデータを使用した業務運営や管理基盤が不可欠になりつつあります。

とはいえこのような状況に適したガバナンス体制や内部統制を整備できている企業は少ないのが現状です。

ニューノーマルの時代において以下のようなリスクがあり、購買、販売、経費において不正が起こるリスクが高くなっています。

(1)証憑の原本を確認することが難しい

(2)実地棚卸(特に海外の倉庫の分)を行うことができない

(3)印鑑承認を行うことができない

(4)対面でのコミュニケーションが減少することで、子会社の事業の不透明性が増している

(5)これまで以上にデジタルデータを活用せざるを得ない

Potential Risk Monitor
(ポテンシャル・リスク・モニター)

PwCが提供するPotential Risk Monitor(ポテンシャル・リスク・モニター)は、PwC Japanグループのフォレンジックチームが開発した標準化されたデータ分析パッケージで、クライアントが抱える上述のようなリスクに対応するソリューションです。

Potential Risk Monitor(ポテンシャル・リスク・モニター)は不正リスクの高い購買、販売、経費の3つの観点から、想定されるさまざまなシナリオを基にデータ分析を行い、潜在的な不正リスクを効果的に検知します。このツールのダッシュボードはインタラクティブに直感的な操作が可能であり、またリモートからでも業務をタイムリーかつ効果的にモニタリングすることができます。

網羅するリスク

不正リスクが高い業務である、購買、販売、経費を網羅しています。不正の類型が常に変化し続ける中で、Potential Risk Monitor(ポテンシャル・リスク・モニター)は潜在的な不正リスクの早期発見に有効です。検証シナリオにより、業務の全体像把握と個別の分析を複合して行うことができます。データプロファイリング分析で業務の全体像と傾向を示し、統計解析と検証モジュールを通してリスクの高い取引を発見します。

Potential Risk Monitor(ポテンシャル・リスク・モニター)の特長

柔軟性

分析シナリオのカスタマイズが可能です。

費用対効果が高い

標準パッケージのまま導入できるため費用を抑えられ、将来のアップデートを考慮しても高い費用対効果が見込まれます。

フォレンジックの専門知識

不正リスクモニタリングのシナリオはPwCがこれまでフォレンジック領域で培ってきた知識と経験を基にデザインしています。

不正予防

業務における不正リスクを事前に把握し、不正および損失を予防します。

リスクモニタリング

国内・海外の子会社と製造拠点(工場など)を常時モニタリングできます。

導入の流れとロードマップ

Potential Risk Monitor(ポテンシャル・リスク・モニター)の導入から常時モニタリングの実施までは3つのフェーズで進めます。

フェーズ1ではPotential Risk Monitor(ポテンシャル・リスク・モニター)の標準化されたパッケージを迅速に低コストで導入することを目指します。受領したデータを加工してPotential Risk Monitor(ポテンシャル・リスク・モニター)に取り込み、標準化された検証シナリオを用いてデータを分析し、検出されたリスクを評価します。

フェーズ2ではクライアントからのレビューを基に検証シナリオを最適化し、また要望に応じた検証シナリオのカスタマイズや追加も行います。あわせて、不正調査やコンプライアンスアドバイザリーサービスを通してクライアントの内部統制とコンプライアンスプログラムの強化を支援することも可能です。

最後にフェーズ3では常時モニタリングを導入し、Potential Risk Monitor(ポテンシャル・リスク・モニター)の自動化を目指します。フェーズ1~2まで手動で行っていたデータの抽出・加工および分析結果の出力を自動化することで、リスクのある取引を定期かつ短時間で発見できるようになります。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

大塚 豪

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

池田 雄一

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

劉 旻

シニアマネージャー, PwCアドバイザリー合同会社

Email