契約の遵守に関するモニタリング

企業が、技術革新、成長、価格、収益性、迅速な市場獲得、品質およびグローバル戦略において競争上の優位性を得るために、他の企業と戦略的提携や連携をすることは、現在の市場においては一般的であり、時に不可欠でもあります。

多くの契約は、取引相手が契約書の内容を遵守しているかどうかを検証・分析すれば、短期的あるいは瞬時に「財務的な結果」を出すことができます。こういった検証や分析は、多くの場合、一般的な契約書に含まれている監査権限についての条項に基づいて行われますが、ここでいう「財務的な結果」とは、ライセンス契約や収益分配契約の場合は収益の回収、販売や流通に関する契約、アウトソーシング、また調達に関連する契約の場合はコスト削減といった結果のことを指します。これらの結果は、収益性の改善など企業の業績に直接影響を与えます。つまり、契約の遵守に対する取り組みは、ROI(投資収益性)やキャッシュフローの改善に寄与し、経営陣が将来に向けた経営判断をする上で重要な戦略となります。

株主をはじめとする各利害関係者の利益を重要視する日本のコーポレートガバナンスにおいて、契約の遵守に真摯に取り組むことが、株主などの利害関係者の期待に応え、また戦略的な優位性を獲得するために重要であるといえます。

PwCのアプローチ

PwCのフォレンジックサービスでは、ライセンス契約に基づくロイヤリティ監査以外にも、企業間のさまざまな契約における、契約の遵守に関するモニタリングを行っています。 独立した第三者によって、ビジネスパートナーが契約に定められた方法で適切に事業や取引を行っているかを確認することで、今まで気付かなかった契約の不履行や契約内容の解釈の違いなどを発見することができます。また海外の複数の国にまたがる複雑な契約に対しても、PwCのグローバルネットワークを活用した効果的かつ効率的な調査を実施することができます。

ビジネスパートナーが世界のどこで事業を行っていようと、契約の遵守に関するモニタリングをできるようにする必要があります。PwCのフォレンジックサービスは、あらかじめ高リスクの対象を特定するフォレンジックアプローチによって、費用対効果の高い方法で、高リスクな契約相手のリスクを低減することが可能です。

PwCのアプローチ

契約の遵守に関するモニタリング事例

合弁事業契約

日本のメーカーが中国企業と現地合弁会社を設立したものの、当初の予想を下回る業績で推移していました。合弁会社の従業員はほとんどが中国パートナー企業からの転籍で、日本からは技術責任者を駐在させているのみでした。業績低迷の原因や経営実態について問い合わせても納得のいく説明は得られなかったため、合弁事業契約に基づく調査として、PwCのフォレンジックサービスが下記手続きを実施しました。

  • 中国パートナー企業経由で購入している原材料について、市場価格との乖離を検証。
  • 他にも中国パートナー関連企業に対するさまざまな名目での支払いが継続的にあったため、各項目に関する当該関連企業との契約書を閲覧し、合理性の検証および支払い記録を検証した。結果として下記事項が発見されました。
    • 中国パートナー企業経由で購入している原材料については、市場価格よりも平均して約10%高い単価で購入されていました。
    • 合弁企業は中国パートナー企業のITインフラを利用していたため、高額のレンタル料を支払っていました。
    • 中国パートナー企業が保有する倉庫について、使ってもいないのに毎月一定額の倉庫料を支払っていました。
    • 中国パートナー企業に対してマネジメントフィー(Management Fee)という名目で、毎月一定額の支払いがありましたが、具体的に提供されたサービス内容は確認できませんでした。

その後クライアントである日本企業は、上記の調査結果に基づき中国パートナー企業と折衝を重ね、合理性のある項目についてのみ支払うことで合意しました。

View more

サプライヤー契約

欧州に本拠地を置くサプライヤーと、日本の大手メーカーとの間のサプライヤー契約に関する契約遵守モニタリングサービスを実施しました。具体的には、下記の手続きを現地にて実施しました。

  • サプライヤー契約に記載されている調達価格の計算式に則って、調達価格が算定されているかについて検証
  • サプライヤーの購買担当、技術担当、営業など関連する部署の人員に対するインタビューの実施
  • 調達価格算定のプロセスの確認と、サンプルベースによる証憑類の確認
  • サプライヤー契約に記載されている原料メーカーから、正規手続きを経て購入されているかどうかについて検証

結果として、算定プロセスにおける計算式のミスや、契約書に記載されている為替レートと違うレートを使用したことによる差額、および未承認の原料メーカーからの原料を使用した契約違反などが発見されました。

View more


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

大塚 豪

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

平尾 明子

シニアマネージャー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

奈良 隆佑

シニアマネージャー, PwCアドバイザリー合同会社

Email