脆弱性診断サービス

Start adding items to your reading lists:
or
Save this item to:
This item has been saved to your reading list.

脆弱(ぜいじゃく)性診断サービスは、サイバーセキュリティの観点からシステム上の課題を洗い出し、解決を促すサービスです。「プラットフォーム診断」では、システムのプラットフォーム(OS、ミドルウェア、サーバー、ネットワーク機器など)を診断します。「Webアプリケーション診断」は、Webで動くサービス(掲示板、ネットバンキング、認証システム、決済システムなど)を提供しているアプリケーションを診断します。

従来はオンプレミスの環境を対象とした診断が主流でしたが、クラウド化に伴い対象エリアは広がっています。さらに昨今では、ネットワークにつながるIoT製品、組み込み機器などが普及し、新たな脅威が懸念されています。PwCでは、新しい環境を取り巻くインフラまでも検査することで、脆弱性の有無を調査します。セキュリティのスペシャリストが、攻撃者の目線でさまざまな疑似攻撃・セキュリティ診断を行い、セキュリティ上の課題や潜在的な脆弱性を洗い出します。脆弱性のリスクと課題点だけではなく、どのように改善が可能か、詳細にまとめた診断レポートをご提供します。

セキュリティのスペシャリストによる疑似攻撃・セキュリティ診断

主要メンバー

星澤 裕二

PwCコンサルティング合同会社 パートナー, 東京, PwC Japan

Email

名和 利男

PwCサイバーサービス合同会社 最高技術顧問, 東京

Email

最新情報

Contact us