脅威・脆弱性情報提供サービス トライアル

毎日最新の情報をメールでお届けします。無償の30日間トライアルサービスをぜひお試しください。

経営判断の遅れが引き起こす情報漏えいによる甚大な被害

サイバーセキュリティ専門家が、リアルタイムに収集した脅威および脆弱性に関する情報を分析・評価し、高リスクと判断した脅威・脆弱性情報を毎営業日に配信するサービスを30日間無償でお試しいただけます。

配信された情報をもとに、サイバー攻撃の動向を把握し、適切な指示や事前の対策を講じることで、迅速な経営判断を実現できます。まずはトライアルでその有効性を実感してください。

1.情報源認知 2.情報収集 3.情報分析 4.要否判断 5.有効活用

迅速かつ適切な判断

すでにグローバルでは半数以上が脅威脆弱性情報をセキュリティ対策に活用しています。多忙を極める経営陣や意思決定者が限られた時間の中で、脅威状況を認識し、攻撃者の戦術、手法、手順を理解するためには、厳選された情報を継続的に確認しておくことが重要となります。

 

専門的な知見による情報収集と分析

採用する情報源の選定には専門家による厳しい審査が必要であり、収集した情報の分析や理解にも専門的な知見が望まれます。 厳選した情報源から収集した脅威・脆弱性情報に加え、ダークウェブなどの非公開情報や独自調査情報を分析し提供します。

 

厳選された情報源 脆弱性情報 標準的なソフトウェアやプロトコルなどの緊急度の高い脆弱性情報 脅威情報 RSSでリアルタイムに収集した国内外のさまざまな脅威情報 非公開情報 OSINTツールを活用しDark Webなどに掲載された脅威や脆弱性情報 独自調査情報 「DNS シンクホール」を用いてサイバー攻撃状況や被害組織の推測

 

 

 

セキュリティ専門家

情報収集および分析は、セキュリティ分野で著名な専門家や各種セキュリティ業務に従事し知見や実績を積み重ねた専門家が実施しています。重要度の高い情報を瞬時に選別し、あらゆる角度から分析することで、必要な情報を提供することできます。

専門家A

セキュリティの研究や新種マルウェアへの対応、脆弱性情報の収集・分析などを担当し、国内におけるマルウェア研究における地位を確立

専門家B

情報セキュリティマネジメントをはじめとする、ITリスクマネジメント全般のコンサルティングや監査業務、セミナー講師などに多数従事

専門家C

脅威・脆弱性情報の収集、分析、重要インフラのセキュリティ関連調査に従事。数多くのセキュリティ関連事業の立ち上げに関与

専門家D

サイバー攻撃の分析やマルウェア解析技術などのコア技術開発に従事。学会やカンファレンスなどでの発表多数

主要メンバー

星澤 裕二

パートナー, PwCサイバーサービス合同会社

Email

名和 利男

PwCサイバーサービス合同会社 最高技術顧問, 東京

Email

Contact us