サイバーセキュリティ戦略・ロードマップ策定支援

Start adding items to your reading lists:
or
Save this item to:
This item has been saved to your reading list.

サイバー攻撃は、世界中で日々高度化し、深刻度を増しています。従来のサイバーセキュリティのアプローチでは、IT部門が中心となった受動的な対応しかできませんでした。当社では、経営層が中心となった事故発生前提のプロアクティブな態勢を構築するために、サイバーセキュリティ戦略ロードマップ策定支援サービスを提供しています。

 

サイバーセキュリティ戦略・ロードマップ策定支援

 

  1. 現状分析
    クライアントの体制面から技術面・運用面までのセキュリティレベルを評価します。
  2. あるべき姿の定義
    PwCが所有する業界トレンドや技術トレンドから、将来のセキュリティ戦略やビジョンを定義します。
  3. ギャップ分析ロードマップ策定
    クライアントの経営目標を鑑みた上で、セキュリティ戦略と計画を策定します。
    体制面から技術面、運用面までを網羅的にカバーしたロードマップを策定します。
  4. 実装支援
    ロードマップを実行に移すためのプロジェクトを運営面や技術面から支援します。
    セキュリティ戦略達成のためのパフォーマンス分析、継続的な改善を支援します。

主要メンバー

山本 直樹

PwCコンサルティング合同会社 パートナー, 東京, PwC Japan

Email

ショーン キング

PwCコンサルティング合同会社 パートナー, 東京

Email

外村 慶

PwCコンサルティング合同会社、パートナー, 東京

Email

最新情報