IT部門におけるTransformation

ビジネスのグローバル化、IT投資の拡大、新技術・新サービスの活用が進むにつれ、事業とITの融合が今までよりもますます重要となり、企業にとってITはビジネスと切り離して考えることはできない必要不可欠な存在となってきています。そのため、ITを単なるビジネスの効率化/最大化の道具としてではなく、グローバルな視点を意識し、経営と融合した一つの柱として、各企業に最適なIT部門の革新が求められています。

PwCコンサルティング合同会社は、グローバル・日本における類似案件の実績、専門家の豊富さを生かし、PMIなどの応用分野を含めた、各企業の環境に応じて最適化された、実現性の高いIT部門の改革を支援します。

実現性の高い効果を創出するための検討要素

企業の持つビジョンや事業、ビジネス環境などがそれぞれ異なるように、IT部門においても、全ての企業に共通するモデルは存在しません。
しかし、PwCでは、豊富な事例や知見から、効果的かつ具体的なIT部門の改革を実現するためには、以下の主要な5要素について検討することが不可欠であると捉えています。

IT部門を改革するための検討要素

PwCのIT部門改革アプローチ

IT部門は、ビジネスの効率化・最大化のみにフォーカスするものではなく、企業のITが競争優位の源泉となることを推進すべき役割を担うため、包括的なアプローチによる改革を必要とします。PwCでは、豊富な経験や事例・グローバルネットワークなどを活用し、現状分析からIT計画の実行に至るまで、一連のサービスを提供します。

PwCのIT部門改革アプローチ

IT部門改革の検討課題

IT部門を改革するための各構成要素には、下記のような課題が存在します。
PwCでは、各分野において豊富な経験を持つ専門家を国内外に多数擁しており、それぞれの要素についてきめ細かいサービスを提供することが可能です。

IT部門改革の検討課題

事例紹介

全社を横断したIT機能を対象とし、IT部門の改革、およびIT戦略の策定、戦略ロードマップの実行支援を行いました。

テーマ

効果

  • IT部門改革
  • IT戦略策定
  • 戦略ロードマップの実行支援
  • 情報システム部の体制および業務に関し、役割、統制、スキル分析により、全社最適なITガバナンス、組織・体制の構築を実現。この成果は、経営・事業計画とITシステムの柔軟な整合性と迅速な対応、専門的な視点によるIT機能の構築が成され、企業利益の向上に貢献しました。
  • 投資コストを可視化することにより、投資内容と費用の妥当性を分析・評価。この成果は、本来必要となる要件と優先順位を見極め、現状を見直すことで4分の1のコスト削減に貢献しました。
  • 現状のIT業務に関する適切さを分析・評価。システム開発・構築、運用・保守作業に対し、品質、価格、システム機能、担当者などの状況を客観的に把握することで、ベンチマークにおける比較が可能となり、最適な業務プロセスの策定に貢献しました。
  • 現在稼働しているシステムアプリケーション全体を分析・評価。構築時期から長期間にわたりシステム全体を横断した見直しを行っていなかったので、改善の余地があり、将来を見据えた柔軟性・拡張性・標準化に貢献しました。

【テーマにおける検討の視点】

テーマにおける検討の視点

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

石見 忠雄

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

大原 正道

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

桂 憲司

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

瀬川 将義

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email