チェンジマネジメント

チェンジマネジメントのプランニングと実行、サーベイ・ベンチマーキングによるアセスメント、ダイバシティマネジメント、チェンジマネジメントに資する人材開発・各種研修等まで総合的に支援します。

チェンジマネジメント

現在、企業はコンプライアンスや社会貢献など企業市民としての役割を果たすことが社会から求められています。このような状況においては、企業の仕組みだけではなく、従業員自身が変革していくことが必要です。“人”の意識改革を実現するためには、その目的を明確にすると同時に、企業文化を踏まえた周知の仕組みを構築し、継続的に従業員の心に働きかけることが重要です。当社は、論理と心情の両面から働きかける仕組みを設計し、従業員の意識改革を実現します。

  • 組織風土・理念・価値観・人事制度・業務・ITの統合・変革支援
  • 買収先企業のモチベーション維持・パフォーマンス向上支援
  • 大規模変革(ERP導入、組織改革等)の効果を最大化するためのコミュニケーションと移行支援

サーベイ・ベンチマーキング

社員が納得感を持って働いているか、社員の能力やスキルを十分生かせているか、社員の働きが組織貢献に繋がっているか。組織の現状、人事制度の有効性、報酬の業界競争力、社員の満足度などを定量的、定性的に測ることにより、組織に内在する課題を明らかにし、解決への優先順位付けを行います。

  • 社員意識調査(エンゲージメントサーベイ)
  • 人事部門機能のベンチマーキング(Saratoga)
  • 人材マネジメント施策定着・浸透度調査

ダイバーシティマネジメント

ダイバーシティが広がる中、従業員の求める勤務形態、働き方が多様化しています。またグローバル化や、震災対応等のリスク管理の観点から、企業としても時間や場所を問わないワークスタイルが求められています。情報技術、特にスマートフォンなど発展著しいモバイル技術を活用した会議、資料作成、情報共有、チームコミュニケーション、自己の活動管理など、従業員の活動をマネジメントするための施策が効果的です。

  • ダイバーシティマネジメントのアプローチによる組織診断
  • 診断結果に基づくビジョン・行動モデルの明確化と意識改革のための施策策定
  • ダイバーシティ管理指標の設定と運用(モニタリング)支援

人材開発、各種研修

企業が継続的に成長していくためには、戦略や制度を構築するだけでなく、それを実行する優秀な人材を確保することが必要です。人材育成を考える上では戦略や制度と同様に、企業の方針や強みを踏まえた育成方針の策定が重要です。また、従業員に対しては、個々人が現在の自分の能力を理解し、将来のキャリア目標に近づくために自身のバリューを上げることができる環境を提供することが求められています。当社は、企業の成長と個人の成長を結びつける要因は何かを考慮した人材開発施策を提供します。

  • 人材開発制度設計
  • 人材開発部門機能設計
  • 人材開発の企業グループ展開・コスト最適化支援
  • キャリア・デベロップメント・プログラム
  • ラーニング・マネジメント・システム(e-Learning)導入計画
  • 各種研修オーダーメイド開発、実施

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

佐々木 亮輔

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

藤田 通紀

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

原田 貴史

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

池谷 和之

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

元辻 英惠

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

吉田 亜希子

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email