ワークスタイル変革

グローバルメガトレンドによる働き方の変化を先取りし、従来の「働きやすさ」や「効率化」の追求だけではなく、進化するテクノロジーを取り込み、複数の施策を組み合わせることで事業課題の解決と成長に貢献する、真のワークスタイル変革の実現を支援します。

概要

これまで、各種制度・法規制やテクノロジーの変化に伴い、生産性向上や業務効率化のために、フレックスタイム制度やグループウェアの導入、モバイル・BYOD導入などが進められてきました。

一方で、グローバルでのメガトレンドを見てみると、グローバル先進企業の多くが、今後テクノロジーのさらなる進化やグローバル経済のパワーシフト、人口動態の変化により、より一層の働き方の変化が求められるようになると考えています。

働き方に与えるインパクト ~PwCグローバルサーベイ結果

こうした中、従来のワークスタイル改善で取り組まれてきた、個々人の働きやすさの改善や、コスト削減につながる効率化・生産性向上、といった枠を超え、最新のテクノロジーと新しい制度を組み合わせて導入することにより、事業課題の解決、トップラインの向上を目指す取り組みが先進企業には出てきています。

PwCコンサルティング合同会社では、ワークスタイルの変革を通して、事業成長につながる課題を解決し、真に生産性の向上に寄与するワークスタイル変革の実現を支援します。

ワークスタイル変革による事業成長の実現

多くの企業において、ワークスタイル変革はIT、制度、設備などに対する個別の要望に対して、個々に対応しているのが現状です。BYODの導入や、時短制度の導入、ペーパーレス化などは、それ自体にはもちろん意味があるものですが、コスト削減や作業の効率化の域を出ず、事業への貢献という物差しでは、その効果を測られることがないものでした。

こうした状況を打破し、真に生産性向上に寄与するためには、2階建ての対策が必要となります。つまり、「コスト削減」や「効率化」といった、従来の取り組み(1階部分)に加え、解決すべき事業課題を設定し、その解決に寄与するためのワークスタイル変革のソリューションを組み合わせる取り組み(2階部分)、も同時に推進することが必須となります。

2階建てのワークスタイル変革推進

また、ワークスタイル変革の実現のためには、関連する多くの部門を巻き込む必要があることや、成果を享受するまでのプロジェクト期間が長期にわたることも珍しくありません。こうした変革を確実に成し遂げるためのプロジェクトマネジメントや、新しい働き方・考え方を受け入れ、自律的な改善を促す、チェンジマネジメントも非常に重要な要素となります。

当社では豊富なコンサルティング実績で蓄積したノウハウをもとに、企業の解決すべき課題設定から、これに寄与するソリューションの設計、構築、運営までをトータルに支援することで、従来の効率化やコスト削減といった枠を超える、真に生産性向上を達成するためのワークスタイル変革の実現をサポートします。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

野田 武

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

倉田 博史

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

山田 貴之

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

本田 哲也

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email