イノベーションプラットフォーム構築支援

持続的にイノベーションを起こせる企業へと変革するには、限定された機能の強化だけではなく、全体的な企業変革が求められます。

日本企業は特定の組織、人物の力によってイノベーションの創出を目指す傾向にある一方で、世界的なイノベーティブ企業の多くは内外の多様なリソースを活用してイノベーションが起こりやすい環境を構築しています。グローバルイノベーションファクトリー(Global Innovation Factory、以下GIF)では、PwCグローバルイノベーションチームが開発した「ブレイクスルーイノベーションフレームワーク」を活用し、企業が「イノベーティブカンパニー」になるためのイノベーション戦略策定、新規事業・製品開発、ビジネスモデル構築、組織・プロセス改革、IoT(Internet of Things)やFin Techなど最新テクノロジーの活用、組織風土創造などさまざまな領域に対してイノベーションを起こす仕組み作りを支援します。

ブレイクスルーイノベーションフレームワーク

企業にイノベーション創造のプラットフォームを構築し根付かせるために5つのステップによる持続的かつ一貫した支援を行います。これによって、イノベーションは事業戦略を実現する手段として機能し、組織に変革と成果をもたらすことが可能となります。

Step 1:事業戦略と事業目標を定義する

イノベーションを生み出すあらゆる取り組みは、組織の戦略と目標の上に成り立って初めて意味をなします。イノベーション戦略の検討前に、事業戦略と事業目標を明確に定義する必要があります。

Step 2:イノベーションの領域を定める

イノベーションを創造すべき領域はビジネスモデルでしょうか、テクノロジーでしょうか。顧客洞察に基づき、イノベーションにとって最も効果的かつ魅力的な領域を定めます。

Step 3:イノベーション戦略を策定する

イノベーションには種類があります。クライアントが目指す成長の方向性、程度により求めるイノベーションの種類を特定します。

Step 4:オペレーティングモデルをデザインする

クライアントの事業目標やイノベーション戦略に合致する複数のオペレーティングモデルを組み合わせてイノベーション戦略の実現を促します。

イノベーションを創出するための7つのオペレーティングモデル

Step 5:イノベーション創出の仕組みを定着させる

イノベーション創出のプラットフォーム構築の仕上げとして、先のStepで定義した事業戦略・事業目標、およびイノベーション戦略に加え、オペレーティングモデルを機能させるための人材の確保、組織体制、エコシステム、プロセスシステムなどの要素を最適化し、イノベーティブな組織へと変革させます。

イノベーション創出のために不可欠な12の要素

パッケージ・サービス

イノベーションプラットフォームの構築を支援するソリューションの一例として、パッケージ化された下記のサービスも提供します。

イノベーションバトルゲーム

経営層向けに実施する、イノベーション戦略構築のためのビジネスシミュレーションワークショップ

イノベーション診断

イノベーション戦略や組織・文化といった、イノベーションを起こすために必要なファクターにおいて企業の現状を分析し、目指すべき方向性を導き出す手法

アイデアジェネレーションセッション

製品開発や新規事業開発に効果的な、アイディアの発散・収束のためのワークショップ


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

野口 功一

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

西口 英俊

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

横澤 有理

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email