仮想空間表現技術(VR/AR/MR)による次世代デジタル接点への進化

デジタル・リアル融合の新しいデジタル体験によって生じる新たな顧客接点とビジネス変革の実現をコンサルティングからソリューション導入までを支援

技術の進化によるデジタルとリアルの境界線の破壊と融合

デジタル技術の進化は、デジタルとリアルの境界線を次々と破壊し融合していくことが今後予想されます。

また、スマートデバイスなどのモバイルデバイスの進化は、「いつでも」「どこでも」デジタルにアクセスできることができる反面、そのスクリーンサイズの制約から利用できる情報が限定され本来のデジタルデータを人が最大限活用することができない状態となっており、変えてデメリットなる要素が散見されつつあります。

そのような中、「仮想空間表現:バーチャルリアリティー」が実現段階にまで進化しており、次世代のデジタル接点として期待されつつあります。

PwCは、仮想空間表現技術としてのVR/AR/MRの活用用途の検討から実用にむけた整備までをコンサルティングから導入までをさまざまな企業とのコラボレーションによって提供いたします。

主な利用用途と検討領域

体験型顧客接点(次世代デジタル店舗)としての仮想空間技術

昨今ECサイトやデジタル接点での商取引はますます拡大していくものの、「試用」や「説明」が必要となる付加価値商材については、対面接客やリアル店舗での「体験」が必要となりデジタル取引では完結しない課題が存在しておりました。

本仮想空間表現技術を活用して、まったく表現方法と新しい顧客体験とデジタル取引をより高度することが可能になります。

没入型マルチスクリーンによる仮想空間上でのテレワークと働き方改革

テレワーク モバイルワークの環境は整備されつつありますが、PCやスマートフォンのスクリーンの環境がかえって生産性を下げる結果となり、テレワークの導入が進まないケースが散見されつつあります。

VR上で表現されるマルチスクリーンでの作業環境は従来のテレワークとは全く異なる作業体験を提供する事が可能になります。

体験型教育コンテンツの整備よる人材育成・教育事業活用

複雑かつ過去の経験が必要な作業や業務については従来はOJTでのノウハウの移転が中心でありましたが、労働人口の減少や高齢化の進展は過去のノウハウを効果的効率的に次世代に伝承させることが急務となってきます。

VRによる体験型の教育コンテンツは企業の知恵とノウハウを企業に蓄積し適切に伝承する事が可能になります。

ドローン・IoTなどの遠隔画像データの活用

ドローンならびに360度カメラならびにIoTによって画像データを遠隔で閲覧・把握することが可能になります。これによって遠隔でのコミュニケーションなどの新しい体験を実現することが可能になります。

PwCのコンサルティングテーマ

デジタル新規事業検討

VR/AR/MR技術を活用したデジタル新規事業検討

顧客接点の構築

デジタル体験型デジタル接点による次世代の顧客接点の構築

ワークスタイル検討と実装

VR技術を活用したデジタルワークスタイルの検討と実装

PwCの提供する価値・ケイパビリティ

  • デジタル事業の検討支援
  • 技術調査・構想策定支援
  • POC評価支援
  • システム構想と最適化
  • 実装計画と実装支援

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

桂 憲司

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

一山 正行

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email