幸福度マーケティング

B2C向けビジネスにおける「幸福度」の重要性

近年、SDGs、サステナビリティ、パーパス・ドリブンといった言葉が頻繁に語られるようになっています。これは企業にとって、経済的利益の追求を通じて株主の要請に応えるだけでなく、社会的利益の実現にも貢献することが強く求められるようになっていることのひとつの証左といえます。

B2C向けビジネスにおいては、顧客の「幸福」にコミットすることで、顧客からの経済的利益と社会的利益を同時に最大化するような関係を築くことが、ひとつの目指すべき姿であると考えられます。そのためには「幸福度」を起点に顧客との長期的かつ親密な関係性を構築し、経済的価値(ライフタイムバリュー、LTV)に加え、社会的価値・SDGsをいかにして実現すべきかを検討する必要があります。

PwCのサービス

PwCコンサルティングでは、幸福学研究の第一人者・前野 隆司氏(慶應義塾大学大学院教授)が代表を務めるEVOL株式会社と協業し、顧客の幸福度を高めるための施策をデータドリブンで設計するサービスを提供します。

具体的には、幸福度調査の設計・実査、AIアナリティクスを活用した財務指標と幸福度の相関関係や幸福度要因の分析・示唆、施策の設計を支援します。

幸福度マーケティングの流れ


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

髙木 健一

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email