ソーシャル採用管理ソリューション

ストック型人材管理、選考プロセス効率化、エージェント連携を実現

ソーシャル採用管理へのニーズ

企業にとって人材は競争力の源泉であり、多くの企業が採用活動の重要性を認識しています。変化し続ける人材マーケットから優秀な人材を効率的に確保するためには、採用活動において募集ポジション・転職エージェント・候補者・採用プロセスなどを、適切に管理しなければなりません。
また、過去の採用活動の結果を分析し、採用戦略・施策を継続的に見直していく必要があります。
今日の採用活動における情報管理や情報活用に課題はないのでしょうか。PwCコンサルティング合同会社では、以下のように分析しています。

  • 採用活動の情報基盤が不十分で非効率な事務作業が多い。
  • 候補者へのアプローチの最適化、ストック化が不十分である。
  • 転職エージェントのKPI管理、効率的な連携ができていない。
  • 採用活動の結果分析に基づいた採用戦略立案ができない。

PwCのソーシャル採用管理

母集団形成、応募前から候補者をストック化

転職イベントでの参加者リストをSalesforceへ取り込み、応募前より、見込み候補者を管理できます。また、候補者への各コンタクト履歴を管理することができ、ワンタイムではない候補者とのリレーションを構築できます。

スピーディな採用プロセスの実施

ウェブによるセルフサービス化、情報の電子管理化、プロセスのシステム管理、滞留タスクへのアラートを通じ、応募の受付から選考実施、結果通知までのスピードを早め、採用機会損失の回避と採用コストの低減を両立します。

転職エージェントKPI管理、連携強化

採用活動情報は、社内での共有だけでなく、転職エージェントといった社外との共有も発生します。クラウド上で情報を一元管理し、ウェブブラウザを通し社外との機動的な情報共有を実現します。また、転職エージェントに関する採用活動KPIを定義、参照できます。

活動実績と分析に基づく採用戦略

採用活動の実績を分析し、次の採用戦略を立案する分析レポートを用意しています。人材採用管理のPDCAサイクルを実行するために必要なレポートを用意しています。

ソーシャル採用管理導入のアプローチ

PwCのソーシャル採用管理ソリューションテンプレートとアジャイル型導入手法の活用により、短期間での導入、クイックスタートが可能です。

導入ステップ

アジャイル型開発手法による短期導入

設計・開発では、スクラムと呼ばれるアジャイル開発手法の一つをSalesforce開発に最適化した手法を用います。設計・開発フェーズの早期から、お客様がシステム改善に主体的に参加されることで、要件を適切に取り込んだソフトウェアを短期間で実現しようとするものです。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}