セキュリティ強化のためのデバイス統合管理

~多様なワークスタイルを実現するための管理基盤の確立~

近年のビジネススタイルの変革に伴い、モバイル/タブレット端末の企業内への普及が急速な勢いで進んだ結果、従来のPC管理とは別にモバイルデバイスに対応したため、異なるセキュリティポリシーおよびIT運用プロセスが一貫性を欠いているのが実情です。さらに、管理作業/ツールが複数存在することによる運用の複雑化も課題となっています。また、セキュリティ面では、近年発生している標的型攻撃をはじめとした不正アクセスへの対処も優先度の高い課題の一つです。
このように、高度に複雑化してしまったシステムに対して、PwCコンサルティング合同会社(PwC)では、これまで培ってきたプロセス改善のノウハウを活用し、これらの解決に向けたコンサルティングサービスを提供します。

モバイルデバイスのセキュリティの課題

モバイルデバイスのうち、特に社外での利用が多いLaptop/Tablet/Smart Phoneに対するセキュリティの課題は、大きく以下の3点に分類されます。

モバイルデバイスのセキュリティの課題

デバイス管理における現状と課題

多くの企業では、すでに何らかのデバイス管理ツールが導入されており、さまざまなデバイスの管理が実施されています。しかし、大半の企業においては、セキュリティ、運用管理およびコスト削減の領域において多くの課題を抱えているのが現状です。

多様なデバイスの管理水準の統一化に向けた検討要素

多様なデバイスの管理水準の統一化に向けた検討要素

デバイス管理水準の統一化に向けては、ただ単にプロセス/ツールを統合するだけではなく、運用プロセスの最適化やセキュリティポリシー順守が重要となります。そのため、以下を考慮する必要があります。

多様なデバイスの管理水準の統一化に向けた検討要素

管理水準の統一化アプローチ

PwCは、セキュリティポリシー順守/IT運用コスト削減に関する豊富なグローバルネットワークの知見を活用し、セキュリティ/運用費用面を考慮したデバイス管理の最適化に向けたコンサルティングサービスメニューを提供します。

管理水準の統一化アプローチ

1.Assess

  • 評価する対象(プロセス/ツール/認証範囲など)を定義
  • 評価軸など評価方法を定義
  • IT運用管理プロセス/管理ツール/セキュリティポリシーなどに対して現状調査を実施
  • 改善事項を決定
  • 依存関係/優先度/時期を考慮したスケジュールを作成
  • 費用対効果を試算
  • 管理水準の統一化プランを作成

2.Design

  • セキュリティポリシー順守状況を確認する項目(HW/SW/設定など)を再定義
  • アプリケーションへの認証方法を再定義
  • IT運用管理プロセスを再定義
  • デバイス管理ツールの設計/再設計
  • データ保護に関するツールの設計/再設計
  • テストシナリオを作成

3.Build & Test

  • 認証基盤を構築/再構築
  • IT運用管理プロセスを改善
  • デバイス管理ツールを構築/再構築
  • システム/運用テスト

4.Review

  • 管理水準の統一による効果を測定
  • 新たな改善事項を明確化
  • 改善プランを作成

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}