プライベート・エクイティのためのESG方針および開示戦略支援サービス

ESGに関するリミテッドパートナーの期待への効果的な対応とは

  • プライベート・エクイティ(PE)にとって、リミテッドパートナー(LP)の期待に沿うマネジメントを行うことは重要な成功要因です。
  • LPは環境・社会・ガバナンス(ESG)を、投資判断に関わる広範なリスクに対応し、風評リスクを管理する方策と捉えはじめています。
  • LPのESG条件を順守しなければ、資金提供を行わないという判断に至る場合もあります。
  • LPはデューデリジェンスの中で、ゼネラルパートナー(GP)がいかにESGイニシアチブによって付加価値を生んでいるかを評価しています。
  • 世界レベルでは、PRI(責任投資原則)がPEセクターにおけるESGを推進しています。

PRI開示フレームワーク

2013年、PRIはプライベート・エクイティ向けグローバルESG開示フレームワークを発表しました。このフレームワークは40のLPと10の先進的GPにより開発され、下記のようなファンド運営における課題に対し、8つの目的が提示されています。

  • ESG方針および投資判断への影響
  • ESGリスクマネジメントおよび価値創出
  • ポートフォリオ企業における重大なESGインシデントのモニタリングおよび開示
  • ポートフォリオのESGリスクおよび機会

過去にとらわれ金融工学にばかり注力するようではファンドマネージャーとして長くは続かないだろう。

David Bonderman TPG創業者/2013年6月、PEI責任投資原則フォーラム2013にて
課題とPwCのソリューション

PwCのサステナビリティサービス

 PwCのサービス
PwC One Sustainable Finance Team

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

三橋 優隆

エグゼクティブアドバイザー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

フィリップ マシー

マネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email