ポートフォリオ企業のESGリスク評価と価値の向上支援サービス

非財務リスク評価および価値創造のためのESG

ESGは、環境、社会、ガバナンス(Environmental, Social and Governance)を表しています。

バリューチェーンのESGリスク及び価値創造機会
  • 経済、政治、社会が大きく変動しているため、ビジネスに衝撃を与え、「安全な」投資という評判に悪影響を及ぼす可能性があります。また、受託者および株主としての安全な投資要件を満たすことが困難となる可能性があります。
  • ESGリスクフレームワークの理解が進み、広範なリスクを含有することや、非財務リスクの評価に利用できる点が認められつつあります。また、ESGが運用成果に重大な影響を与える可能性や、企業の経営パフォーマンスを示す指標としての役割が注目されています。
  • さらに、ESGなどの非財務リスクを体系立てて定期的に評価することで、評価しない場合と比較して、企業価値が高められる分野を把握することができます。
PwCのサービス

国別・セクター別リスク評価

独自のリスク把握・ランキングプロセスによって国際的なESG指標データを作成します。また、PwCの知見を組み合わせてESGリスクのヒートマップを作成します。これにより主要マーケットやセクターごとのESGリスクを把握します。

サプライチェーン分析

ある調査によれば、サプライチェーンのESGリスクはビジネス全体の9割を占めるとも言われています。 PwC独自のESCHERモデルは、ポートフォリオ企業の売上と調達データを国際貿易データと関連付けることで、サプライチェーンにおける主要なESGリスクのヒートマップを作成することができます。

マネジメントパフォーマンス評価

PwCグローバルネットワークのESG専門家によって開発された手法で、質問票を用いるアプローチではポートフォリオ企業の経営陣からの回答を分析し、ポートフォリオ全体のESGリスクの理解度合いおよび経営陣の回答の概要を提示します。

競合他社ベンチマーキング

PwCグローバルネットワークのESG専門家によって開発されたベンチマーキングフレームワークでは、主要な競合他社のESGパフォーマンスに関する公開データを収集し分析を行います。ポートフォリオ企業のパフォーマンスを競合他社のデータと比較することができます。

PwC One Sustainable Finance Team

{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

丸山 琢永

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人, PwCビジネスアシュアランス合同会社

Email

フィリップ マシー

マネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email