PwC's 2019 金融グローバルタックスカンファレンス

本カンファレンスでは、PwC Globalの金融担当タックスパートナーとともに、金融業界における税務をとりまく課題および今後の発展についてさまざまな議論を行います。例年各国で開催され、開催国内外のさまざまな金融機関のCFO、COO、財務および税務責任者の方々にご出席いただいています。

開催終了しました

PwC税理士法人では、 2019年10月8日に「PwC‘s 2019 Asia Pacific Financial Services Tax Conference」を東京・帝国ホテルにて開催しました。

本カンファレンスには世界22カ国、230人に上る来場者(PwC金融関係者含む)にお越しいただき、「デジタル課税の金融業界への影響」「バリューチェーンとデジタライゼーション」「資産運用の潮流」および各業界のトピックについて、パネルディスカッションを通じて活発な議論が展開されました。

また、「飛躍するアジアと税‐変革への対応」と題し、変革・デジタル化・多様化が金融業界に与える影響について皆様と議論いたしました。PwCのグローバルネットワークを通じて、国内外の金融業界の方々や業界の専門家とのネットワーキングの場にもなりました。

PwC's 2019 Asia Pacific Financial Services Tax Conference 概要

セミナー概要

税務は、事業戦略、変革、貿易、キャピタル・フローに、大きな役割を果たしています。

ビジネスモデルのデジタル化、投資の多様化、および投資家の嗜好の変化等が、産業および税務に影響を与える一方、OECD、EU、米国およびアジアなどの国際舞台における税務環境は進化を続け、より複雑化の一途をたどっています。

今回はラグビーワールドカップ2019日本大会が開催されていたことから、カンファレンス当日、特別ゲストとして元スコットランド主将のラグビー選手、ギャビン・ヘイスティングス氏をお招きし、ラグビーシーズンならではの特別な演出と併せてお楽しみいただきました。

本カンファレンスは毎年各国で開催されます。今後も皆様のご来場をお待ちしております。

グローバルモビリティに関連したトピックスを総合的に網羅した世界でも最大級のカンファレンス

人財戦略とモビリティとの関連や将来的な処遇の在り様から、税務・イミグレーションコンプライアンス体制の整備、またペイロールなどの実務に至るまで幅広いトピックスを網羅


開催日程

2019年10月8日(火)


開催場所

帝国ホテル
〒100-8558 東京都千代田区内幸町1-1-1

費用

無料

参加対象

国内外の金融機関のCFO、COO、財務および税務責任者の方々

Contact us