サイバー攻撃・情報漏えい発生時にどう動く! 事業継続のためのインシデント対応セミナー

PwCが世界のCEOを対象に実施した「第21回世界CEO意識調査」において、世界のCEOは「最も懸念しているビジネス上の脅威」の一つとして「過剰な規制」や「テロリズム」、「地政学的な不確実性」とともに、「サイバー脅威」を挙げています。また、今年の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)においても、「サイバー脅威」が注目の話題となるなど、多くの企業・組織は、その脅威がもたらす予期せぬ大きな打撃へ備える必要があることを強く認識しています。

しかしながら、こうした認識にもかかわらず、多くの企業・組織は、依然として、その備えが不十分であり、無防備です。

本セミナーでは、サイバー攻撃・情報漏えいに対し、どのように備え、また有事の際にどう動くべきかについて、法律面、広報・対外渉外面、そしてサイバー対策で汗をかく、有識者が解説します。

開催終了しました

開催概要

開催日時

2018年4月23日(月) 15:00-18:00(14:30 受付開始)

場所

PwCコンサルティング合同会社セミナールーム

東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング15F

主催

PwCコンサルティング合同会社、PwCサイバーサービス合同会社

参加対象

経営企画部門、リスク管理部門、情報システム部門などに所属

※同業他社、システムベンダーの方からのお申し込みはお断りする場合がございます。

定員

70名

※お申し込み多数の場合には、抽選とさせていただきます。

参加費

無料(事前登録制)

お問い合わせ

PwCコンサルティング合同会社

セミナー事務局 担当:沓澤・小林

メールでのお問い合わせ

プログラム

時間

セッションタイトル

講演者

14:30-15:00

開場/受付開始

 

15:00-15:05

開会

 

15:05-15:55

【Session1】

サイバーリスク時代に事業を継続させる「レジリエンスセキュリティ」

PwCサイバーサービス合同会社

最高執行責任者 星澤 裕二

15:55-16:45

【Session2】

サイバーインシデント対応時のコミュニケーション

株式会社電通パブリックリレーションズ

企業広報戦略研究所主席研究員 黒田 明彦氏

16:45-16:55

休憩

 

16:55-17:45

【Session3】

サイバーインシデント発生時の法的論点と経営責任

TMI総合法律事務所

パートナー弁護士 大井 哲也氏

17:45-17:55

質疑応答

 

17:55-18:00

閉会

 

※プログラム、講演者については変更となる場合がございます。予めご了承ください。

開催予定のセミナー