【オンラインセミナー】アジアにおける現地法人をいかにコントロールするか?ガバナンス確立におけるポイントとは

PwCアドバイザリー合同会社では、2021年3月10 日(水)より、主要アジア地域の事業・現地法人を所管する皆様を対象に、投資先および現地法人のガバナンス構築に関するオンラインセミナーを配信する運びとなりましたので、ご案内いたします。

日本企業の多くがグローバルに事業を展開する中、新拠点の設立やM&A等によるアジアの事業会社への投資が盛んに行われてきていますが、進出後の経営が思うようにいかないケースが散見されます。これらはガバナンスの問題に起因していることが多く、ガバナンスを整備することにより相当な改善が見込まれます。ガバナンスは組織マネジメントの一部であるため、規程の整備等に加え、文化的背景や慣習の違いも理解した上で強化していく必要があります。とりわけアジア地域では投資先が現地の財閥企業等との合併である場合もあり、そうした理解はいっそう重要です。 

こうした状況を背景に、今回のオンラインセミナーでは、アジアを含む海外投資先のガバナンス整備や人材マネジメント、会計や内部統制に精通した3名のプロフェッショナルが、アジアの現地法人でガバナンスをどのように整備、管理していくべきかについて、ソリューション事例を交えながら解説します。