Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

【オンラインセミナー】IPOを目指す企業が最初に直面する課題とは?

開催終了しました

IPO(新規株式上場)市場は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて一時的に停滞しましたが、復調し、2021年は再び活発な動きがみられています。 IPOを目指す中で、多くの企業が直面する会計監査の壁。IPOをスムーズに果たすためには、会計監査を受ける前からポイントを押さえた管理体制の構築が重要です。

 本セミナーでは、IPO監査やアドバイザリー経験を豊富に持つPwC Japanグループと、野村ホールディングス100%子会社で、上場準備企業の支援事業を展開するコーポレート・デザイン・パートナーズ(CDP)より講師が登壇し、IPO準備を始める前に取り組むべきことや、IPO準備における課題、ポイントについて、パネルディスカッションを交えて解説いたします。

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社(PwCあらた有限責任監査法人、PwCコンサルティング合同会社、PwCアドバイザリー合同会社を含む)の総称です。各法人は独立して事業を行い、相互に連携をとりながら、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、法務のサービスをクライアントに提供しています。