【オンラインセミナー】インサイダースレットに企業はどう立ち向かうべきか―ゼロトラスト時代における内部不正の脅威と対策

昨今、インサイダースレットと呼ばれる従業員の不正行動による事案が頻発しています。背景には、リモートワークにより日々の活動実態が見えづらくなっていることや衆人環視が機能しないことがあると考えられます。また、今後さらに増加が見込まれるジョブ型雇用や兼業・副業等により、所属組織へのロイヤリティが低下し、事案が一層顕在化することが懸念されます。

インサイダースレットを未然に防止するためには、不正シナリオを類型化して、不正につながる兆候を早期に察知するモニタリング態勢の構築が必要です。本セミナーではインサイダースレットに対応するフレームワーク整備の考え方や、AIツールを用いたモニタリング態勢高度化のアプローチ、また実際の運用事例について解説します。その上で、「ゼロトラスト時代」における、不正を起こさせないカルチャーの醸成について考えます。