PwC Japan組織再編のお知らせ

2016年2月1日
PwC Japan

PwC Japan(日本代表:鈴木 洋之)は、2016年3月に組織再編を行うことを発表します。

今回の組織再編は、PwC Japanの各法人がそれぞれの専門性を高めるとともに、PwCのグローバルネットワークとの協業体制を強化することを目的としています。PwC Japanの各法人はこれまで以上に緊密な連携を図り、顧客がグローバル市場での競争力を高めるサポートを行うことを目指します。

日本におけるコンサルティング部門を統合し、新たに戦略から実行までのコンサルティングを提供する「PwCコンサルティング合同会社」を設立するほか、M&A・事業再生・インフラ関連サービスを専門とする「PwCアドバイザリー合同会社」が始動します。その他、一部の法人は合同会社化し、併せて法人名を変更します。

法人名称、代表者名など詳細につきましては下記をご参照ください。

PwC Japanの法人(3月以降の体制)

アシュアランス

PwCコンサルティング合同会社

代表執行役 木村 浩一郎

京都監査法人

マネージング・パートナー 松永 幸廣

PwCサステナビリティ合同会社

代表執行役 三橋 優隆

PwCビジネスアシュアランス合同会社

代表執行役社長 丸山 琢永

コンサルティング

PwCコンサルティング合同会社

代表執行役 鹿島 章

(プライスウォーターハウスクーパース株式会社のコンサルティング部門、プライスウォーターハウスクーパース・ストラテジー株式会社、プライスウォーターハウスクーパースPRTMマネジメントコンサルタンツジャパンLLCを統合して設立)

PwCサイバーサービス合同会社

代表執行役 鹿島 章、

最高執行責任者 星澤 裕二

ディールアドバイザリー

PwCアドバイザリー合同会社

代表執行役 鈴木 保晴

(プライスウォーターハウスクーパース株式会社から名称変更)

プライスウォーターハウスクーパース

マーバルパートナーズ合同会社

代表執行役 岡 俊子

(2016年4月にPwCアドバイザリー合同会社と経営統合)

税務サービス

PwC税理士法人

理事長 宮川 和也

法務

PwC弁護士法人

代表 我妻 由佳子

シンクタンク

PwC総合研究所合同会社

所長 栗原 俊典

(株式会社プライスウォーターハウスクーパース総合研究所から名称変更)

PwC Japanにおけるシェアードサービス

PwCジャパン合同会社

代表執行役 鈴木 洋之

以上

PwC Japanについて

PwC Japanは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。
複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanでは、監査およびアシュアランス、ディールアドバイザリー、コンサルティング、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、そのほか専門スタッフ約5,000人を擁するプロフェッショナルサービスネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

詳細はこちら

PwCについて

PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界157カ国に及ぶグローバルネットワークに208,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。詳細はwww.pwc.comをご覧ください。

詳細はこちら

Contact us

Follow us