プライスウォーターハウスクーパース、サイバー攻撃の脅威を体感できる「Game of Threats™」の提供開始

経営層やセキュリティ管理者が対戦型ゲームを通し、サイバー攻撃の脅威を疑似体験

2015年11月24日
プライスウォーターハウスクーパース株式会社

プライスウォーターハウスクーパース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:鹿島 章、鈴木 保晴)は、11月24日、サイバー攻撃と、それに対する防御を疑似体験できる対戦型ゲーム「Game of Threats™(以下、GoT)」日本語版の提供を開始しました。

GoTは、サイバー空間における攻撃とそれによって引き起こされるビジネス上の事象を、攻撃者と標的企業双方の立場で、疑似体験できる対戦型ゲームです。参加者は2つのチーム(攻撃者あるいは企業)に分かれ、タブレット端末上で攻撃と対応を交互に繰り返し、勝敗を競います。攻撃者チームはDDoS攻撃やフィッシング詐欺などさまざまなツールを使って企業を攻撃し、標的となる企業のシステムを停止させたり、情報を窃取したりします。企業チームは画面に表示される最低限の情報をもとに、迅速かつ効果的な対策を選択することが要求されます。限られた時間と予算というプレッシャーの中で最適な判断をすることが勝利への鍵となります。

参加者は、ゲームを通して、どのような攻撃が企業にダメージを与えるのか、どのような対応が効果的かを学ぶことができます。

GoTはアプリケーションを単体で販売するものではなく、PwCのプロフェッショナルがファシリテータとなりゲームキットを使った演習を提供するソリューションです。米国などの海外では既に多くの企業にご活用いただいており、経営層やセキュリティ管理者が参加する企業内演習を展開しています。

2015年11月7~8日に沖縄で開催された内閣府主催のサイバーセキュリティに関する国際会議「Cyber³ Conference Okinawa 2015 -Crafting Security in a Less Secure World -」においても、会議参加者にGoTを体験していただき、好評をいただきました。

写真(左):攻撃者のカード選択イメージ/写真(右):ゲーム結果のサマリ画面

写真(左):攻撃者のカード選択イメージ/写真(右):ゲーム結果のサマリ画面

以上

プライスウォーターハウスクーパース株式会社について

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、ディールアドバイザリーとコンサルティングを提供する国内最大規模のコンサルティングファームです。M&Aや事業再生・再編の専門家であるディールアドバイザリー部門と経営戦略の策定から実行まで総合的に取り組むコンサルティング部門が連携し、クライアントにとって最適なソリューションを提供しています。世界157カ国、208,000人以上のスタッフを有するPwCのネットワークを活かし、国内約1,700名のプロフェッショナルが企業の経営課題の解決を支援しています。

詳細はこちら

PwCについて

PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。 私たちは、世界157カ国に及ぶグローバルネットワークに208,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。詳細はwww.pwc.comをご覧ください。

詳細はこちら

Contact us

Follow us