Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

サブサハラ・アフリカの成長とともに‐日本とのビジネスをつなぐ視点‐

2014-09-16

サハラ砂漠以南の地域「サブサハラ・アフリカ」は「最後のフロンティア」と呼ばれ、世界中が注目する新興市場としてその地位を確立しつつあります。欧米や中国系企業と比較し、現地への投資や進出が消極的との印象がある日本企業ですが、多くの日本企業はその理由として情報不足を挙げています。

一方で経済的な自信を深めるサブサハラ諸国は、近年では積極的な経済外交や投資誘致策を展開しており、今後グローバル企業間におけるサブサハラ・アフリカ市場での競争はますます熾烈になってくることでしょう。

本誌は、アフリカ市場について情報不足に陥りがちな日本企業に、どのようにサブサハラ・アフリカを俯瞰すれば良いのかについて、日本企業からご要望の多い以下の観点を踏まえて取りまとめたものです。

  1. 経済・社会の基礎情報
  2. 経済成長・貿易
  3. 人口・都市化
  4. 生産
  5. インフラストラクチャー
  6. ファイナンス