「監視役」からの脱却:リアルタイムのコンプライアンス管理

2018年度コンプライアンス調査

変化し続けるリスク環境に先んじ続けるための、コンプライアンス・企業倫理プログラムを整備していますか。

ビジネスリスクの状況は変化し続けており、世界中で企業によるコンプライアンス・企業倫理の取り組みの障害となっています。コンプライアンス・企業倫理の分野で先行する企業は、自社のカルチャーに与える影響を優先事項とし、自社の実効性を高めるためにテクノロジーを活用しています。

 

コンプライアンスプログラムの有効性の状況

実効的なコンプライアンスプログラムは何が異なるのでしょうか

効果的なプログラムを持つ「リーダー」に見られる4つの特徴

  • テクノロジー対応のインフラストラクチャーに投資して、最新のデータ活用型コンプライアンス機能をサポート
  • アナリティクスとテクノロジーを用いて、コンプライアンスモニタリングの有効性を向上
  • 方針管理を効率化して機動性を高め、方針と手続きの有効性を向上
  • 情報とテクノロジーを活用して、焦点を絞った興味深い最新のコンプライアンス研修を実施    
実効的なコンプライアンスプログラムは何が異なるのでしょうか

「情報の伝達速度が速まり、24時間絶え間なくニュースが流れるようになったことで、コンプライアンスに係るリスクは変わりつつあります」

Alistair (Al) Raymond氏、最高コンプライアンス責任者、Avangrid Service Company

テクノロジーが可能にする包括的なコンプライアンス戦略の特徴

テクノロジー対応のインフラストラクチャー

リスクユニバースが動的となり、拡大し続ける中、テクノロジーは企業のコンプライアンス管理に有用です。リーダーは、データ分析ツールやダッシュボード、継続的モニタリングなどを他社よりも多く活用しています。

テクノロジーを活用した高度なコンプライアンスモニタリング

リーダーはモニタリングの取り組みでテクノロジーを活用することにより、他社よりも多くのメリットを享受しています。実効性の低い他社に比べ、より迅速に、さらには積極的にコンプライアンス問題の軽減に取り組むことができます。

効率化された方針管理

リーダーは、自社の方針管理を強化するために対策を講じています。行動規範、方針、手続きを頻繁に見直し、社内でのアクセスを容易にしている割合が高いです。また、GRCツールなどの方針管理テクノロジーを用いて効率化を推進している割合も高く、方針と手続きの有効性をより包括的に測定しています。

情報およびテクノロジーを活用した研修

リーダーが行うコンプライアンス研修およびコミュニケーションは総合的で最新の内容のものです。また、複数の情報源を用いて構成し、重点的な研修を目指す場合が多いです。また、従業員がデジタル方式で研修活動に打ち込めるよう、新たな方法を創造的に考案しています。これらの取り組みは全て、企業のリスクを高める行為がなされる可能性を低減するため、企業全体のリスク特性の改善につながります。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

Contact us

Follow us