5Gを成功に導くスモールセル革命

2019-08-09

5Gを浸透させるためには、5G通信の基盤となるスモールセル(小型基地局)を迅速に、低コストで配備することが不可欠です。

日本においても、総務省が5G移動通信システムの基地局整備を前倒しで推進する施策を検討しているように、快適な5Gサービスの提供が可能とするために、十分な数の基地局を迅速に整備することは重要な課題であるといえます。

本レポートでは、米国においてスモールセルの配備に膨大な時間とコストがかかっている現状への危機感を訴えるとともに、通信事業者と政府が一体となって対応を進めることの必要性やそのためにデジタルプラットフォームを活用することの有用性を論じています。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}