Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

第18回世界CEO意識調査 A marketplace without boundaries? 境界なき市場競争への挑戦

2015-04-22

PwCは、世界のCEOのビジョンおよびビジネス判断についての分析・考察を「世界CEO意識調査」として、毎年公表しています。今年で18回目となる本調査では、世界77カ国、1,322人のCEOから回答を得ました。

調査結果によると、2015年に世界経済が改善すると回答したCEOの割合は全体の37%となり、昨年の44%から減少しました。しかし、CEOの39%が、今後12カ月間に自社の売上が拡大する見通しについて「非常に自信がある」と回答していることから、世界経済全般は減速すると予測しているにもかかわらず、自社の見通しには引き続き自信を示していることが分かりました。

今回の調査では、CEOの懸念の一つとして、急速かつ急激に変化している競争環境について注目しています。世界の経済力のシフトやテクノロジーの進歩、人口構造の変化といったメガトレンド、さらにそれらの相乗作用がマクロ経済に大きな影響を与えるようになっています。そして、新しい形での競争が始まっています。国境だけでなく、業界の壁を越えた競争が激化していることから、CEOの3分の1が過去3年間に新しい業界に参入したと答え、半数以上が今後3年間に新しい業界に参入することを検討しています。

CEOは、新しい競争領域への参入に加え、幅広いパートナーとの協業拡大を模索しています。それによって新しい市場と消費者の獲得のみならず、成長実現に不可欠と考える新技術、イノベーションを確保できるからです。このためCEOは、従来のパートナーにとどまらず、将来の成長にとって重要となる協業ネットワークを構築しています。

目次

P6-11 成長

P12-18 競争

P19-24 テクノロジー

P25-27 パートナーシップ

P28-33 ダイバーシティ

P34-42 まとめ