Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

コミュニケーションズレビュー/2014年3月‐通信、ケーブル、衛星、インターネット企業経営幹部のための洞察‐

2014-07-14

通信業界では、顧客の需要が音声サービスからデータサービスへ大きくシフトしています。事業目標の達成度を測る上でこれまでのような利用者単位の指標、すなわち一人当たりの平均売上(ARPU)や純増数では無く、データシェアプランなどの台頭に伴い、顧客が端末やサービスをどのように利用しているかという全体像を把握するための新たな指標が必要になっています。

データとスマート端末が主流となる市場においては、顧客の利用パターンや異なるアプリについて期待される体験を理解すること、また、ネットワークサービスの提供というレベルを超えた信頼性のある業績計測手段の開発が必要です。市場が成熟する中、通信会社の差別化要因としてサービスの質が台頭しつつあり、またさまざまなアプリが利用可能になる中で情報伝達に使われるビット数の重要性が増しています。

差別化された長期戦略の形成のために、通信会社は適切な指標で事業の成功を追跡する必要が生じています。