Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

国際資産税ガイド(三訂版)

2020-10-29

本書は、個人が国外財産を保有・運用することで生じる所得税、あるいはその相続・贈与にかかるクロスボーダーな課税関係、また海外移住やキャピタルフライトなどに伴う諸問題について、Q&A等を用いて分かりやすく解説しています。

今版では、課税庁による国外財産の把握や国際資産税分野へのさらなる課税強化が進む中、前版(2015年12月)以後に適用が開始された「非居住者に係る金融機関口座情報の自動交換のための報告制度」や、2015~2019年度にかけての「タックスヘイブン対策税制」の改正などを織り込み、大幅に改訂しました。

<目次>

第1部 税務当局の国外財産の把握と課税に係る対応強化
第1章 国外財産把握に係る現状の制度の概要
第2章 国際資産税に係る課税強化

第2部 国際資産税の基礎となる日本の税制と関連諸制度
第1章 日本の所得税
第2章 日本の相続税・贈与税
第3章 国際相続・贈与

第3部 国際資産税Q&A
第1章 納税義務者区分の判定
第2章 居住者の国際投資に係る所得税
第3章 海外移住後の日本非居住者の国内源泉所得に係る所得税
第4章 国際相続・贈与における相続税・贈与税計算の実務
第5章 国際資産税の実務において留意すべき諸外国の制度
第6章 財産の海外への移転及び海外移住

国際資産税ガイド(三訂版)

PwC税理士法人 編

一般財団法人大蔵財務協会 2019年12月20日発行

3,400円(税抜き)

{{filterContent.facetedTitle}}